バースデー

2016年3月23日

公開日: 2016年3月23日 水曜日

記念すべきBirthday Interview第1回目は社内のだれもが知るバレーフリークの森脇公平。

4月には、入社6年目を迎え、29歳になった今、仕事への思いからプライベート(バレー以外の!)まで

おなじみの森脇スマイルでたくさん語ってくださいました。

森脇公平fotor

入社したのは、1か月後にインドネシア研修旅行を控えた、6年前の10月。

旅行では、仲の良い社員がまだおらず緊張の連続で、楽しむどころではなかったとか!?

そんな森脇主任も今では、物流部若手のリーダー的存在。

責任も増え、忙しい毎日の中でも意識しているのは、人と“話す”こと。

社員の方やパートさんとたくさん会話をして、みんなが仕事を笑顔で、

スムーズに行える環境を自然と作ることができるようになったそうです。

 

優しい性格が故に、いろんなことを自分ですべて受け止めてしがいがちな森脇主任。

しかしそんなときは、同期入社の仲良し3人組との“ロー◯ン会”が今のブーム。

帰り道にロー◯ンで飲み物を買って、たわいもない話をする。

そんな時間が森脇主任を支えているようです。

(見かけても見てないふりしてくださいね!)

 

入社して5回目のバースデーカードを受け取って、

“自分が忙しいときは、バースデーカードを書くのが面倒だと思う時もあるけど、

やっぱりもらえるととうれしい” という森脇主任。

特にバシッと一言でメッセージをくださる方は、自分をよく見てくれているなぁと思えてうれしいそうです。

 

最後に、広報として、独身男性に聞かなくてはならない質問はただ1つ!!

好きなタイプの女性♡♡♡

恥ずかしがりながらも出てきた名前は・・・・・

 

mimura(http://www.stardust.co.jp/section1/profile/mimula.htmlより)

女優の“ミムラさん”

優しくて、知的で、清楚な感じの女性がタイプの様子。ガンガン系は苦手とのことです(笑)

(森脇主任狙いの方、ご参考に♡♥)

 

初めてのインタビューで、こちらもぎこちなかったにも関わらず、森脇スマイルのおかげで、

いつの間にか和やかなムード♡になった今回のインタビュー。

これからも、その森脇スマイルで社内のみんなを和やかなムードにしてください☆

 

第2回は・・・・・・第2営業部のサンドバック!に乞うご期待ください!

公開日: 2016年3月23日 水曜日

今回、ご紹介するのは、泉州こだわりタオル “スーペリアドット” です。

スーペリアドット

日本のタオル産業発祥の地とも言われている大阪・泉州でつくられたタオルです。

 

ボリューム感のある海外の高級タオルに注目が集まる一方、

“本当に普段使いたいのは、もっと軽い昔ながらのタオルなのに・・・”という方も多いのでは?

 

泉州で作られたタオルは、“後晒し”※1という伝統的な製法がゆえに、

吸水性がよく、ふんわりしたやわらかさが特徴です。

その中でも、厳しい基準をクリアし、仕様にこだわりのある商品にのみに与えられるのが

“泉州こだわりタオル”の称号。

“スーペリアドット”は、世界最高級と言われるスーピマコットン※2を使用し、透かし織り※3という

伝統的な方法が用いられたことから、泉州こだわりタオルに認定されています。

 

パイルヘムになっているので、どこを使ってもやわらかく、スーピマコットンのしなやかな肌触りが

心地よい1枚です。

泉州ヘム

泉州タオル独特のかるい使い心地と、吸水性の良さは、日本で昔から愛されてきたタオルの象徴です。

ぜひ、肌に触れて、この使用感を感じてみてください♡

 

※1 後晒し・・・“さらし”とは、糸に付いた不純物を取り除き(精練)、白くする(漂白)工程のことです。
タオルを織る際に糸切れを防ぐため、糸につけた糊(のり)や、材料である糸(=綿<わた>)にもともと付着している、油分や不純物をきれいに全て取り除き、漂白・水洗いする必要があり、その工程を“さらし”と言います。
後晒タオルは、その“さらし”をタオルが織り上がった後で行うことによって、吸水性に優れた肌ざわりの良いタオルになります。(http://www.senshu-towel.jp/より引用)

※2 スーピマコットン・・・スーピマは、“Superior Pima(高級ピマ)”を略したもの。もともとアメリカ大陸では、南米ペルーでピマ種の綿花が栽培されていました。その綿花を中心に品種改良されたのがスーピマ綿で、この名称は、アメリカスーピマ協会の登録商標になっています。スーピマ綿は、繊維長35mm以上の超長繊維綿です。繊維が細く長く、しかも長さが均一で、強く、耐久性に優れています。また、しっとりと柔らかい肌ざわりはカシミヤに匹敵すると言われているほど。製品になったときの独特の光沢も魅力です。(htp://www.cottonusa.jp/story/superiorpima/より引用)

※3 透かし織り・・・スレン染料という特殊な染料をつかって染められた色糸を使って織り上げられた縞模様がパイル糸の間からほんのり透けて見える泉州タオルの技法。(http://www.senshu-towel.jp/より引用)

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ