バースデー

2017年2月13日

公開日: 2017年2月13日 月曜日

DSC_4506

今回のバースデーインタビューは、中央商品センター第二営業部、吉村洋人

 

36歳にして、社歴が18年と、人生の半分を林株式会社で過ごした彼は、

この会社で思い描いてきた夢を一つずつ着実につかんでいます

かの有名なサクセスストーリーの裏側から、間近に控えたおめでたい話題まで!

熱く!たっぷり語って頂きました

 

高校卒業を控えた吉村課長は、お父様の紹介で、とある会社に就職することが決まっていた

・・・・・はずでした。

しかし年が明けて、びっくり!!!先方の会社とお父様との間で情報がうまく伝わっておらず、

高卒生は採用できないことが急にわかりました!!

慌てて、年明けから高校の求人を見て、数社を絞り込みます。3~4社に絞り込んだところで、

若き吉村課長が一番重要視したのは、女性社員の数!!(笑)

一番女性社員が多かった林株式会社を迷いなく選び、めでたく就職することになりました。(笑)

 

高校時代の友人は、大工など職人になった方も多く、自分もアルバイト経験があったので、

やはりラッパズボンへのあこがれもありました。(似合いそう

両親にも、就職できなかったら、親戚のところへ大工修行に行きなさい と言われていたそう。

でもそんな環境の中、吉村課長が抱いた夢は、まわりの友達とは違うことがしたいという事

お父様がサラリーマンだったこともあり、自分も会社に入れば、

営業職に就きたいと、この頃から思っていたそうです。

 

入社してからは、物流部に配属

最初の7年間を、問屋や小売をお客様とする一般出荷を担当し、その後、一人で大手量販店を担当しました。

その時の営業担当が、今の上司である、井澤常務。

そのころは、まだ誰も笑顔を見たことがない・・・・・とさえ言われ恐れられていた人物。 (今は優しいスマイルです♡)

これから宜しくお願いします!と気合を入れて挨拶した若き吉村課長を

 そんなんええねん! と一喝したとか(笑)

しかし、一緒にタッグを組んで、商品を出荷していく中で、

常務の厳しさの裏にある正しさを知り、次第に打ち解けていったそうです。

物流で、人脈を広げながらも、営業部にいきたいという夢は絶えず持っていたものの、

どのように、誰にこの気持ちを伝えればいいかもわからず、悩んでいたそうです

そんな時、林株式会社で年4回行われる全体会議に出席してみないか?と当時の社長室長から声がかかりました。

いまだになぜ自分に声をかけてもらえたのかわからないとおっしゃる吉村課長ですが、

やはり日々の業務の中で、なにか光るものがあったのだと思います

 

ここからが、夢をつかむ第一歩の始まりです

林株式会社の全体会議と言えば、会議の後は宴会→カラオケがテッパンコース

宴会の合間に行ったトイレで、偶然、林社長と二人きりになります。

そのころは、まだほとんど社長と話もしたことがないような間柄

しかし夢をつかむ男はここで、行動に出ます。(お酒も手伝って)

 

「僕、本当は、営業に行きたいんです!」

(一部、あまりにもこの伝説が語り継がれる間に、「俺、営業に行きたいんっス!」などと言ったという説が

流れていますが、間違いです。丁寧にお願いしたそうです。)

 

この言葉を聞いた林社長。

席に戻るや否や、社長室長始め、上層幹部に、

「吉村君、営業部に行きたいって言ってるよ!」と神の一声。

さらに驚いたのは、そのあと

土曜日のこの事件の後、次の月曜日には、呼び出しがかかり、

本当にやりたいのなら、すぐに引き継ぎを始めよう!と異動が決まったそうです。

これが林だからできるスピード感。

人生が変わったこの時、林(株)の社員で良かったと感謝したそうです

 

異動後は、大手ディスカウントストアの営業担当になります。

1店1店、お店を回って店員さんと話して商品を売っていく営業でした。

大変でしたが、タオルを売る前に、自分を売りこんで、信頼してもらって、それからものを買ってもらう という経験の中で、

お客様に誠意をもって接することの大切さを学びました。

若い世代にも、この最初の経験が大きな商談をするようになったときに活きるんだ と教えているそうです。

今は、大手量販店の担当になり、取引先様も大きく変わりました。

難しい面も多く、今までとは違う視点で仕事をしていかないといけない。

次の新しいステージに突入した気分で大変ではあるが、

やはり、それでも自分という人間を売り込むスタイルは変わりなく貫いていきたいと語ってくださいました

 

そんな吉村課長と言えば、完璧に整ったファッションに、アメ車(かっこいいです♡)

昔から車へのあこがれも強く、とにかく大きい車に乗りたかったそう

18歳で免許を取ってから、19歳にはすでにアメ車を購入

そこからずっとこだわりの車に乗り続けています。(林の社員だから買えたんです!とのこと)

ファッションにもこだわりが強く、これ!!と思うものが見つかってしまうと、

値段も気にせず購入することもあるとか!?(すごいです

しかし意外にも、それ以外は、500円、1000円単位でそれぞれのお店の値段をチェック!!

ネットまできちんと調べて一番安いところで購入する努力は惜しまないそうです(意外ですね!)

 

実は近々、結婚を控えられている吉村課長 しかも社内結婚 (社内はお祝いムードでいっぱい

休日はこれもまた、小さいころからの憧れだったアウトドアキャンプに、

未来の奥様と行って楽しまれているそう 本当にたくさんの夢を林(株)でつかんでこられたのですね。

最近は、新居の準備など、奥様といろんなことを一緒に決めたりする過程がすごく楽しくてワクワクしているんです

とのろけていました♡ (幸せオーラ頂きました

 

お祝いの言葉が多かった今年の社員からのバースデーカードを読んで、

結婚しても遠慮せずに、飲みに誘ってください!とのメッセージ!

(後輩のみなさんどんどん連れて行ってもらいましょうね♡)

結婚を機により一層、気持ち新たにがんばりたい!とおっしゃってくださいました。

(社長からは社長職を目指すように! とのお言葉! 頑張ってください!)

 

これからも、いろんな新しい夢を、林株式会社でつかんでいってくださいね

 

お誕生日おめでとうございました

このページのトップへ