バースデー

2018年11月14日

公開日: 2018年11月14日 水曜日

DSC_3003

今回のバースデーインタビューは三田商品センター物流部の奥井 拓海

今年やっと19歳になったばかりのフレッシュな社会人1年生

いつもニコニコ元気いっぱい仕事に励む三田商品センター最年少社員の元気の秘密にせまりました

 

農業を営む家庭に生まれ、小さいころから田んぼや野原でのびのびと遊び育ったという奥井さん

カエルを捕まえたり、蛇を振り回して遊んだり()ワイルドな幼少時代を送ったそうです

そんな田んぼの風景の中にいつもあったのは、

おじいちゃんやお父さんがトラクターに乗ってかっこよく働く姿・・・・

自分もいつかはあんなふうになって家業を継ぎたいと思っていたそうです

そんな気持ちを胸に、高校は農業を専門に学ぶことができる学校へ進学

三年間は、農業一筋の生活を送ります

年二回ある農業祭に向けて、夏はスイカやトマト。

冬はセロリなどたくさんの野菜や果物の栽培をしてきました

農業祭では、一般のお客様に野菜を直接販売するので、校内の案内や接客など、

お客様に喜んでいただけたときはすごく充実感を感じることができたそうです。

(でもお野菜は苦手らしい・・・農業科あるあるなのか・・・・

 

三年間、家業を継ぐため農業の勉強をしてきたものの、勉強をすればするほど見えてくる農業の厳しい現実。

今後の自分の将来を考え、奥井さんは就職活動を開始することを決意します

学校の先生の勧めもあり、高校三年生の夏に見学に来たのが林株式会社でした

会社ってどんなところなんだろう・・・あまりにも未知数の環境に、最初は緊張しましたが、

さすが訪問したのは、“笑顔とタオルでいっぱいの会社

玄関のドアを開けた瞬間、そして廊下ですれ違う人、自分たちの見学に対応してくれた

担当者のみなさんが、笑顔で挨拶をしてくれたそうで、

奥井さんは感激し、自分もここで働いてみたいと入社を決めました

 

配属は、自宅からも勤務しやすい三田商品センター

同期が他のセンターに配属される中、先輩とうまくやっていけるのかすごく不安だったそうですが、

そんな不安を吹き飛ばすほど先輩たちは優しく接してくれました。

勤務初日の休憩時間も、きっと一人なんだろうな・・・と思っていたら、

時間には先輩たちが待っていてくれて、一緒に休憩しよう!と誘ってくださったそう

三田は若手男性社員の層が厚く、本当に結束力が強いので、新入社員にはめぐまれた環境なんですね

現在は、大手ディスカウントストアの出荷業務を先輩とペアになって行う日々。

毎日たくさん頂く発注商品をピッキングしていると、

“あ!これがすごく売れてるな! う~ん・・・これはあまり人気がないんだな”と

商品の売れ筋がわかるようになってきたそう

憧れの石黒係長に一歩でも二歩でも近づくには、その自分の感じたことを

なにか出荷業務の効率化にいかせないか?考えて提案してみることも大事かもしれないですね

 

ここで奥井さんに、新入社員恒例の質問:始めてのお給料で何をかいましたか?を伺いました

家族思いで優しい奥井さん、初めてのお給料ではお父さんとお母さんへ、

猫のダヤン(お母さんが大好き)のペアコーヒーカップをプレゼントし、

ファミリーレストランへ食事に行ったそうです

ご両親から“ありがとう”と言われてすごくうれしかったという奥井さんですが、

きっとご両親は、その何倍も何倍も感激されたことと思います。(素敵なご家族です

そんな仲良しの奥井家の伝説は、焼肉一回で十数万円お支払という驚きの食欲

皆さんも、もうご存知かもしれませんが、

毎日のお昼ご飯でも三田の社員を驚かせるほどごはんを召し上がるそう!

そう・・・・・、奥井さんの元気の秘訣は、

 

米粒

 

その証拠写真がこちら

IMG_0965
なんと!よそいかたも慣れたもの

IMG_0966
こんな風に、お弁当の蓋の上にセッティング
これで、食べ進めるうちに崩れるごはんを受け止めます(考え抜かれたテク)

IMG_0970
幸せそう・・・・

物流センターは体を動かす仕事!しっかり食べてこれからも毎日頑張ってくださいね

 

 

お休みの日も、台風で被害を受けた実家周辺の整備や農業のお手伝いをする働き者

就職してから自分で購入したマイカーでどこかに行ってみたいとは思うのですが、

なかなか時間もなく、日々はお母さんのお買いものに付き合っている程度。

それでも駐車がすごく苦手でどうしても歪んでしまうそう(バックモニターあるそうなんですが・・・)

車に詳しい中島先輩も三田にいることなので、もっと練習して、

いろんなところにいけるようになるといいですね

 

高校を卒業して、社会にいきなり飛び込む

きっと人間関係や環境の変化に戸惑う方も多く大変だと思うのですが、

奥井さんはそんなことを微塵も感じさせないほど、

のびのびと、笑顔で、楽しそうに仕事をしておられました

きっとそんな風に見えるのは、ご本人の楽しく毎日を過ごそう!という気持ちもあると思いますが、

周りの先輩方良い手本を間近でみせてくださっているからだと思います。

これからもそんな先輩方への感謝を忘れず、その仲間に自分も入っていけるように、

どんどんご飯を食べて、上を目指して頑張ってください応援しています

 

お誕生日おめでとうございます

このページのトップへ