物流部

2021年9月2日

公開日: 2021年9月2日 木曜日

三田商品センターの中林です。

相変わらず外出が出来ない日々が続いていますね。
私は2020年1月から、県は勿論、
地元市からも出ておりません。
そろそろ世間や都会がどうなっているのか判らなくなってきました。

とはいえ、ウイルス相手にうじうじ文句を言っても仕方がないので、
折角だから何か新しい事を始めてみようか、と模索した結果、
私が選んだのはなんと、刺繍です!
(私の性格を知っている人は「無理だろ」と思われたかもしれません)

刺繍と言っても、樹脂粘土に惨敗するぐらい手先が不器用な私が、
タオル等に施されているような多彩な刺繍が出来るはずもなく……
なので、初心者にも優しいクロスステッチにチャレンジです!!

最初は無難にキットから始めてみました。

画像① (002)

数日で無事完成です!
(ここでも犬の図案を選ぶ筋金入りの犬好き
そして調子に乗った私は次の図案に取り掛かりました。

画像② (002)

友達曰く「陽気なニンジン」だそうです。
まあね、まだ途中ですしね、ニンジンに見えなくもないですよね。

……完成したら目に物見せてやる、と思いました

公開日: 2021年9月2日 木曜日

安井さん1 (3) 

今回バースデーインタビューにご協力いただいたのは、

元気いっぱいな東京店の安井菜那子さんです

入社2年目のパワフルな彼女ですが、

事務所内では、しゃべり出すと賑やかな自分の性格を熟知しているため少し大人しくしているそうで…

今回はそんな安井さんの学生生活のお話から現在に至るまで、様々なお話をご紹介します

そして最後には、安井さんと同期である広報課メンバーが集めた

「同期からの質問 ~一問一答~」もお届けします

 

東京にある農業大学出身の安井さん

小学生の頃にお母さんが

ニホンヤマネのぬいぐるみをくれたことがきっかけで彼女の探求心が芽生えます

こんなに可愛い生き物がいるのかとニホンヤマネの虜になった彼女は

絶対に研究がしたいという強い思いをもって、ついに農業大学に進学します

そこで生き物好きの安井さんは様々なことを研究されます。

 

研究をするにあたって、1人森の中でじっとしていたりすることも…

そこで孤独を感じた彼女は「さみしい、仕事は絶対人に関わりたい」と決意

大学時代にしていたよさこいを通して、何かを作りあげることの楽しさを学んだ安井さん。

今度は何か形に残るものを作っていきたい…と考えるように!

そして出来れば作るものは何か身近なものの方がいい、

そう、友達にもこれ作ったんだよ~と言えるようなもの…

と考え行きついた答えが

身近に感じるもの+企画できる+人と関わることができる(営業)

=タオルの専門商社 林株式会社

そうです、タオルは非常に身近にありますし、作る上で商品企画もできます。

そして何より様々な部署(人)と協力をして商品を作り上げ、

人に売ることができます!

まさに安井さんの理想通りの会社と出会えたというわけです

このお話を聞いている最中、安井さんの熱意がすごくて

まるで面接で志望動機をお聞きしているような気持ちになりました

(実際、安井さんも林のことを間違って御社とおっしゃられていました笑)

 

いざ入社し、念願の営業部配属になった当初は

学生と社会人のギャップを感じ、

嬉しさと同時に緊張もされていたそうです

それもそのはずです。同時に入社した同期は20人近くいますが

同じ東京店には2人のみ…

大人数で盛り上がるのが好きな彼女は

最初のうちは関西は同期が多くていいなぁと羨ましく感じていました

しかし、常に気にかけてくださる先輩社員の方々のおかげで

緊張や不安は拭うこともでき、今では仕事を楽しいと感じていらっしゃるそうです

ちなみに不安なときに先輩からいただいたお菓子は

今でも大事に残していらっしゃるんだとか

また、まだまだ色んな方と交流を図りたいので

早くご飯に行けるようになればな~ともおっしゃられていたので、

ぜひ世の中が落ち着いた暁には、皆さん安井さんとご飯に!

 

2年目になり後輩もできた安井さんですが、

仕事をする上で心がけていることは「報告・連絡・相談」の

いわゆる報連相!!本当に大切ですよね!

先輩の仕事の手を止めてまで聞いてしまってもいいのか…と悩んだ結果

つい自分進めようと思ってしまいがちですが、

1人で進めていくよりも相談させてもらって仕事を進める方が、

後々大変なことになってしまうことも防げるとお話されているのを聞き、

本当にその通りだなと思いました

ぜひ、後輩の皆さんも安井さんのこの考えを参考にして

仕事に取り組んでいただいたらいいのではないかと思います

ちなみに安井さんから見た後輩の方々は

本当にしっかりとしている!と感心されていましたよ

 

さて、先程ちらっとだけご紹介させていただいた大学時代のよさこいのお話へ

本当は生き物を研究しているサークルに入ろうと決めていたそうなのですが、

友人の付き添いで行ったよさこいサークルの見学で

入るよねとの質問に「はい」と答えてしまったことで入ることが決定したんだとか!

彼女のノリの良さや明るさから、

きっと色んな人を惹きつけるのだろうなぁと改めて感じました

その他にも安井さんはよさこいだけでなく、農業大学名物の

「大根踊り」も踊ることができるのだとかまたぜひご披露していただきたいですね

 

安井さんには東京店の好きなところと今後の抱負もお聞きしました

まず好きなところは、自分の性格を皆さん把握してくださっているところ!

そのおかげで、わたわたしているとすぐに困っていることを感じ取って、

お声かけくださることに感謝されていました

この1年間に挑戦したいことは新規の得意先様を自分で持ちたいということ

常に全力でパワフルな彼女の今後のご活躍を楽しみにしております

 

それでは最後に「同期からの質問 ~一問一答~」をお届けします

Q:同期の印象は??

A:関西には少し押しの強いイメージがあったけど、みんな面白くていいなと思っています!

   何人か癖が強い人もいますけどね笑

Q:言葉遣いがすごく丁寧!学生時代どういうアルバイトを??

A:少し高級な居酒屋さんで接客業をしていました!

    言葉遣いはそこで学びました!!

Q:カエルや車が好きだとか…!魅力を教えてください!

A:車は本当にかっこいい!!運転はできないけど、できたらフェアレディZに乗りたい!

      あとは兄の影響でバイクも好きなので免許を取ろうとしています

    カエルはひたすらに可愛い!特にアマガエルがいいですよ!

Q:同期としたいことは??

A:入社前の10月以来会えていないので、ゆっくりと話す機会がほしい!

 

インタビュー途中、こんな感じの生き物で…と見た目を伝えただけで

「あ、○○ですね!」とすぐに生物の名前を答えてくださったり、

林社長とは車トークで盛り上がったりと本当に色んなことへの

興味関心がすごい安井さん

同期会はもちろんのこと、色んな社員の方と

早くご飯に行けることを願っております

 

お誕生日おめでとうございます

 

安井さん2 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ