商品紹介

今治タオルって何が良いの?? 〝今治ソフトカラー3”

公開日: 2016年3月29日

_MG_8988

広報の上見です。

本日紹介するのは、〝今治ソフトカラー3”です。

 

日本最大規模のタオル産地である 愛媛県、今治。

120年続く今治タオルを、もっと多くの人に伝えたいという思いから、

2007年にブランディング・クリエィティブディレクターに佐藤 可士和氏を迎え、新生 imabari towel が誕生しました。

厳しい品質基準をクリアした商品に、今治タオルのロゴマークをつけることで、ブランディングに成功し、

高級タオルとしての認知度をあげました。

 

今治ソフトカラー3は、その商品名からわかるように、今治ソフトカラーの第3弾です。

人気の定番商品で、回を追うごとに進化しています。

第3弾の特徴は、強度に優れたサンホーキン糸※1を使用していることです。

この糸を使用することで、しっかりした風合いを保ちながら、やわらかさも持続するタオルを作ることができました。

 

今治タオルの良さはその基準で定められているように、吸水性です。

タオル片が水中に沈み始めるまでに要する時間(沈降法)が5秒以内と決められています。

このような基準をクリアしたタオルは、水分をさっと吸収するので、体を拭いたり、汗をぬぐってもべとつかず、さらっとした使い心地です。

 

巷には、様々な今治タオルが並ぶようになり、消費者にとっては、本当に良い商品が何なのか?

見極める力が必要になってきました。

まずは、タオルを知り尽くした商品部ボス、上西部長もお気に入りの今治ソフトカラー3 を使ってみて、自分の肌で、今治タオルの吸水性の良さを感じ、

これからの今治タオル選びの基準にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

※1 サンホーキン糸・・・アメリカ・カリフォルニア州のサンホーキン地方で栽培された綿花から収穫された綿の総称です。綿の繊維が長く均一で、毛羽が出にくいと言われています。(http://towelnavi.com/knowledgeabtowel.php?KnowledgeID=02010より引用)

認定番号:第2015-379号

 

 

 

 

タグ:

このページのトップへ