商品紹介

日本の心 手ぬぐい

公開日: 2017年7月4日

タオルの専門商社の林株式会社ですが、パイルはなけれど、同じ布製品として、

手ぬぐいの取り扱いもあります

 

日本では、古来から愛用されてきた手ぬぐい。

布製品が貴重だったころは、神事などでのみ使用されていましたが、

江戸時代に国内での綿花栽培が始まると、布製品の価格も下がり、庶民の間でも、

汗を拭いたり、お風呂上りに体を拭いたりと、現在のタオルのように使用されるようになりました

 

特にこれからの夏のシーズンは、夏祭り用として、需要が高まる時期

今回はたくさんの柄の中から、新柄3つをご紹介したいと思います

DSC_0446

まずは、定番の麻の葉柄

以前からある定番柄でしたが、少し柄が小さくなり、新色の赤が加わりました

落ち着いた定番で人気の柄です

トンボ柄は、小さなトンボがたくさん飛んでかわいらしいデザイン

女性でも使いやすい柄ですね

 

タオルより厚みもなく持ち運びに便利なので、少し大きめのハンカチ代わりに使ってもOK

タオルのプロ林㈱社員のおすすめの手ぬぐいの使い方は、アウトドアシーンでの使用

使った後も、水で洗って、かけておけば、タオルより早く、すぐに乾くので、大人気です

 

帯が巻いて袋に入った状態での販売ですので、ちょっとしたプレゼントにもぴったり

年配の方にもきっと喜ばれること間違いなしです

 

ぜひ、一度お試しください

 

 

このページのトップへ