第二営業部

2016年10月

公開日: 2016年10月31日 月曜日

こんにちは。
第二営業部の眞柴です
 
先日当社の展示会が無事終了し、たくさんの得意先様にご来社いただきました。

いつも展示会の際には、お客様にお土産をお渡ししているのですが

特に毎年10月展はオリジナル名入れダイアリーをご用意しています

 

今回は気合を入れて

表紙も中身も全てオリジナルのダイアリーを製作しました!

画像1

シンプルさを生かしながら、展示会のメイン商品「デニムアート」とデザインを合わせていただきました。

(社内でも「欲しい~~」の声が多数♪)

表紙は「どこにいてもタオルを感じる」という意味のデザイン。

タオルは誰もが毎日使うものですよね。

様々なライフスタイルに寄り添うタオルでありたいな~という思いをこめたメッセージです

裏表紙にもこだわりが・・・

画像2

お陰様で商品はご好評いただき、販売が待ち遠しいです

公開日: 2016年10月31日 月曜日

商品部の井村です

今日はハロウィーンですね。

行事は何でも楽しみたい派の商品部とデザイン室でハロウィーンのプレゼント交換をしました

 

そしてプレゼントにも条件があるんです

その1  ハロウィーンに関するもの(当たり前ですね))

その2  500円以上(税込)

その3  タオル以外(さすが、タオル屋さん!条件に入れないとタオルを買いたくなる人がいっぱいいるみたいです‥)

 

濱係長が、あみだくじを作って下さいます!それぞれ自分が書きたい所に名前を書いて‥

AMIDAKUJI

集まったプレゼントには、誰からのプレゼントかわかるように名前をちゃんと書いて、順番に並べます。
写真2 

 写真3

お昼休みに、あみだくじ開票、田浦チーフからプレゼントの発表です。

クールに、プレゼントをみんなにさばいてくださいます

写真4 写真5

私は、こちらを池田さんからプレゼントを頂きましたありがとう

写真6

隣で池田さんがやたら、「箱を開けてください開けてください」と催促するので、

そんなに良いものが入っているのかとケースを 開けるてみと~

写真7
「わーーー!!」お化けが出てきました~

 びっくりしすぎて、思わず大きい声が… その時、食堂にいた方、びっくりさせてしまってごめんなさい

ちょっと悔しかったけど、楽しいプレゼント交換になりました

写真8

今日は、仮装する方もいらっしゃるのでしょうか??

ステキなハロウィーンをお過ごしください♡
                 

 

公開日: 2016年10月31日 月曜日

物流部 (1)

今回のバースデーインタビューは、林株式会社入社24年目、真柄千絵

二児の母でありながら、事務職で、初の係長昇進を成し遂げ、約20名の物流事務女子チームをまとめるリーダー。

いつも明るく、元気な彼女の原動力は、林株式会社とそこで働く人が好き というその気持ち。

今回は24年の歴史を紐解きながら、真柄係長の愛社精神をじっくりお伝えしたいと思います。

 

林株式会社との最初の出会いは、近所のおばさん。

偶然、ご近所のおばさんが当時あった林株式会社の箕面センターにパートに行っており、そのおばさんから、

〝林株式会社は素晴らしい会社よ” と聞いた真柄係長。

箕面育ちということもあり、箕面の繊維団地のどこかで就職したいと思っていた高校生の真柄係長には

とっても林株式会社が魅力的な会社に思えました

そんなに良い会社なら・・・とお母様自ら、会社に入社の直談判の電話。

すぐに総務部長が真柄係長の高校に特別に求人募集を出してくれたそうです。

その後、無事入社試験をパスして、希望通りの林株式会社に入社することができました

 

インタビュー中も思い出して涙があふれてしまうほど、つらかった新入社員時代

大手量販店の物流事務を担当していましたが、とにかくこの頃の先輩が怖かった。

毎朝、先輩のご機嫌をうかがいながら挨拶をし、そのまま終業まで言葉を交わさないこともあったとか。

質問したくても怖くて、聞けないからミスをしてしまう・・・そんな毎日。

会社の玄関を出た瞬間に、今日もおこられてしまったという悔しい気持ちと、つらい気持ちで涙があふれ、

泣きながら帰ることもよくあったそうです

何度もやめたいと思ったこともありましたが、なんとか耐え忍びました

(いやな先輩は、順番にやめていったそうです(笑))

その時、真柄係長が心に誓ったこと、それは、 “ 私は、こんな先輩だけにはならない。”だったそうです。

 

その後、商品部→経理部を経験し、たくさんの社員の方との良い出会いがあり、

とても楽しい社会人生活を送ることができた真柄係長。

経理部の際は、大阪本社の勤務でしたが、結婚を機に、中央商品センターへ戻ることになり、

入社当時配属になった物流事務に戻ってきました。

 

十分キャリアを積んだ真柄係長は、物流事務で係長として約20名の女性社員をまとめる立場。

後輩指導がとても重大な業務の一つですが、いつも心にあるのは、新入社員のころの自分が心に決めたあの言葉。

“ 私はこんな先輩だけにはならない。”

後輩がいつでも話しかけやすいように、相談しやすいように、

いつも心を開いて、元気に明るく がモットーです。

だってしんどいと言ってる人に相談しようとは思わないでしょ とのこと!納得!)

 

とにかく、若い女子社員の比率が高い物流事務

いつも、少しでもみんなに、楽しく笑顔で働いて欲しいという思いから、

業務時間の改善や、有給休暇取得に力を入れています。

しっかり仕事を頑張って、心のリフレッシュのために有給休暇を使う、

そして、またそれを原動力に仕事を頑張る。そんな姿が理想だと真柄係長は語ります。

ご自身も来週は、休暇をとってお子さんをキッザニアに連れて行くそう♡

平日に子供にそのようなところに連れていってあげられることがすごくうれしく、本当に楽しみ とうれしそうな様子でした。

 

このように休めるようになったのも、真柄係長を中心とした物流事務の土台作りがしっかりしているから

だれが急に休んでも仕事が回るように、チームを超えた交叉訓練を頻繁に行い、

社員が協力して、業務を行う体制づくりを完成させました。

このおかげで、残業や休日出勤の回数も減り、有給休暇取得の促進にもつながっています

次は、物流男性にも、このようにしてほしいし、他部署にもこの動きが広がっていってほしいとおっしゃっていました。

 

真柄係長と言えば、外せないのが宴会部長としての役割!

社内様々な行事の幹事を担当し、顏パスのお店もチラホラ♪(笑)

そんな真柄係長がやってみたい!林の次のイベントは、″食堂ちょい飲み!“

お店を予約して、会費集めて・・・となると大変だけど、月一回、食堂をバーにし、

社員に開放。新入社員をホストにし、先輩と話す機会を増やしてコミュニケーションのチャンスを作りたい!とのこと

(飲んだから言えちゃうこともあるよね!とのこと)

林株式会社のいいところは、人間関係。

本当にみんな仲良しで、行事もいっぱい。仕事の時間以外で時間を共有することで、お互いの距離が縮まるので、

こういうイベントをこれからも大切にしたいし、

みんなが参加したいと思ってもらえるようなものにしていきたいとのことでした

 

毎日会社で大忙しの真柄係長ですが、おうちに帰れば、2児の母

土日はお子様の習い事の付き添いなど、風邪をひく間もないとか!?(笑)

家事に協力的な旦那様のサポートもあり、家庭と仕事の両立を見事に実現されています。

自分が働くことで、子供にいろんなことをさせてあげられることがすごく幸せと、本当にお子様の教育にも熱心。

最近は、働くママが多いので、ママ友の会も、自立した女性の集まりで、

夕方6時半集合の深夜12時までのみ!が基本とのこと。(笑)

自分で稼いだお金だから、3軒はしごだって許されますよね

そんな飲み会も楽しみつつ、節約も主婦の仕事!というより、趣味!

会社帰りに、半額の商品を2つ買えたときは、1つ分の価格で、2個も買えた~~!!!と

テンションが上がり、ストレス発散になるそうです。(わかります!!)

 

大好きな林株式会社の為に、社員の為に、チームのメンバーの為に、パートさんの為に。

真柄係長が思いつくアイディアは、いつも会社の為。誰かの為。

こういう方が林株式会社のアットホームで、あたたかな空気を維持しているのだと改めて感じました

これからも大変なことも多いと思いますが、元気に明るく、心を開いて、みんなを受け止めてください♡

 

本当に、お誕生日おめでとうございます!!

 

公開日: 2016年10月29日 土曜日

さて、前回のつづきを。

 

深く」とは、自分の仕事・知識の深掘りです。

 

営業・商品部の方々にはもっとタオルのプロになって欲しい。

物流の方々にはもっと物流のプロになって欲しい。

タオルのソムリエというレベルでなく、ノーベル賞を目指して欲しい。

 

それは、お客様に価値を良く分かって頂く為に絶対に必要だからです。

 

先日の会長へのインタビューの際におっしゃっていましたが、当社はスーパーと共に発展してきた歴史があります。

ですから、”良いものをより安く” の文化が根底にあるように思います。

このやり方だとお客様にあまり説明する必要がありません。

しかし、本当に良い商品を売っているお店に行くと、

店員さんの説明が楽しくて、”この人は商品のことを本当に愛しているなぁ”と感じ、思わず聞き入ってしまいます。

 

そんな風に、”タオル愛” を感じさせるプロになって欲しい。

 

 

卸売業は、環境対応業です。

時代の流れはどんどん早くなっています。

過去の成功体験はまったく通用しません。

 

大手量販店が大量閉店する時代。

変わらなければいけないと分かって入るけど、気がつけば既存のお客様に頼っている・・・

 

営業力の真価が問われていると思います。

 

例えば、ポルトガルの商品をピッタリのお店に売り込める。

そんな営業がもっと育って欲しい。

 

今回は営業中心に書きましたが、物流さんも同じです。

物流愛を感じさせるプロになって欲しい。

 

その秘訣は、どんなに些細な事でもわからないことを放置しないということだと思います。

わからないこと、疑問に感じることはその日のうちに解決する習慣をつけましょう。

公開日: 2016年10月25日 火曜日

物流部の伊藤です

 

10月22日に全体会議後の懇親会と合わせて、

全社員が大変お世話になった熱田さんの送別会も行われました

東京店や本社の方なども含めて、全事業所から多くの方が出席し、とても盛大な会となりました

熱田さんは林株式会社の改革に取り組み、最後まで頼りがいのある方でした

 

若手の私からすると、大学生のころ受けた採用試験のときからずっとお世話になっていました。

新入社員への教育に非常に熱心に取り組んでくださり、入社後も、新入社員の私たちに事細かに声をかけてくださいました

東京店、センター、本社の方からの思いも強く、多くの方が出席される前で、

6名が代表として熱田さんに感謝の気持ちを言葉で伝えました

IMG_2827(伊藤1)

IMG_2836(伊藤3)

IMG_2829(伊藤2)

手短に話す予定がそれぞれの強い熱田さんへの気持ちがあふれ、とても手短に出来るものではありませんでした

もっと喜んで頂くために「歌の贈り物」として、世界に一つだけの花の替え歌で、

世界に一人だけの熱田さん!を全員で歌いました

 

会が終了しても熱田さんの所には人が集まり、それぞれの感謝の気持ちとこれからのご健勝を祈られていました。

たくさんの方が参加し、熱田さんにも非常に喜んでいただき、笑顔いっぱいの会となりました

熱田さん、長い間本当にお疲れ様でした

そして、本当にありがとうございました

DSC_3947

公開日: 2016年10月24日 月曜日

広報の上見です

林株式会社では、年4回全事業所から社員が集まり、大阪で会議をしています

人数は約120名にのぼり、非常に大規模なので、林社員にとっては一大行事です

先週の22日に行われた全社会議の様子をすこしだけご紹介します

 

午前中は、社長のお話に続き、営業部からの企画発表や、デザイン室からのトレンドカラーの報告、

物流部からは改善事項など各部署準備してきた内容をプレゼンしていきます。

(もちろん広報課も発表しましたよ!)

まだ、入社半年の山上さんや、田村さんも、物流部の代表として、堂々と発表していました

DSC_3938

そして、軽食をとったら、次は、分科会

ここからは、各企画チームごとに分かれて、今後の商品企画などについて、より細やかに話を進めます

まだここでご報告できることは少ないですが、次のその次の展示会もとても

楽しみなものになりそうな予感です

 

朝から15:00までの会議でハードですが、そのあとは、林株式会社の定番。

昼のみ懇親会!!

締めるとこは締めて、楽しむ時は思いっきり楽しむ! は林社員の基本

先日退職された熱田さんをゲストに招き、送別会も兼ねた懇親会のスタートです!

 

すぐに各テーブルはこんな感じに

DSC_3946

みなさん本当に楽しそうですね

 

最後は、お世話になった熱田さんにみんなからの替え歌のプレゼントとメッセージ

DSC_3955

本当に全社員が大変お世話になっていましたので、涙あり、笑いありの素敵な

エンディングで会はお開きとなりました(まだまだ林の夜は長いようですが・・・

 

「笑顔とタオルでいっぱいの会社」を目指す林株式会社とって

この全社会議(タオルいっぱい)と懇親会(笑顔いっぱい)はとっても大切な行事です

社員の皆さん、様々な準備をしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

これを励みに、みんなで力を合わせて頑張っていきましょう

 

 

 

公開日: 2016年10月24日 月曜日

こんにちは、東京店広報担当です

 

当社では先週末、大阪本社で全社会議を行いました。

全社会議は年4回、各部署の代表が大阪に集結し、約100名規模で開催されます

社長のお話から始まり、営業から企画の発表、

物流部から体制改善の報告、商品部から生産状況の報告など…

約3時間かけてスピーディーに進んでいきます

東京では、現地に赴いている代表数名以外のメンバーはスカイプを通して会議の発表を聞いています。

②

土曜日なので服装はカジュアルですが、正面から見ると皆表情は真剣そのものです…

 

午後は企画チームごとに分かれて分科会の開催。

こちらもスカイプを通じて、大阪⇔東京間で議論を行いながら進めていきます。

当社は営業が企画も行うというスタイルで、企画チームは大きく3つに分かれています。

分科会は、先日開催した展示会でのお客様の声や、日頃のMRの情報などを元に

商品部やデザイナーも交えたその場で意見交換が出来る、貴重な機会です

今本当に必要な企画は何なのか?

売れ筋商品をさらに伸ばすにはどうすればいいのか?

熱い話し合いが続きます。

①

これは総合企画チームの様子。

その他、別フロアにて複数のスカイプ会議が同時進行しています

 

いくつかの結論と宿題を出して、約90分で分科会は終了。

企画には常に責任感と緊張感がありますが、これからもよりよいタオルをお客様にお届けするために、

林㈱は各部署でタッグを組み、全社員で頑張ります

公開日: 2016年10月22日 土曜日

DSC_3933

22日(土)全体会議でお話させて頂いた内容を、参加出来なかった人だけでなくすべての方に

もう一度お腹にしっかりと落ちるところまで理解して今後につなげてほしいという願いを込めて投稿します。

 

今回のテーマ: 中小企業は「狭く深く」戦うべきだ

 

狭く」とは、タオルに特化することだと私は考えます。

 

今と何も変わらないではないか?

実はそうではないのです。

同業他社でも、大半の会社が冬場の売上対策にボアシーツのギフトを販売されていますし

創業60年目を迎える当社も、私が入社した頃はタオルシーツをたくさん扱っていました。

もちろんボアシーツもです。

 

先日、広報の方と会長にインタビューした時に、会長がおっしゃっていましたが、

創業時はパジャマをたくさん販売していたそうです。

 

この話は私も会長より何度も聞いたことがありましたが、実際に現物の商品を見た記憶がありません。

タオルシーツ・ボアシーツ・パジャマすべてやめる決断をしてきたわけです。

 

みなさんも、自分のお得意先様とのお取引をやめなさい、と言ってもなかなかやめられないですよね。

 

理由はただ一つ、売上が減るからです。

 

シーツをやめるという決断をした時の理由をよく覚えています。

我々が必死に頑張ったとして、いつか大手寝具メーカーグループよりもシェアを取ることが出来るかどうか?

と考えると、即やめる覚悟ができました。

 

今振り返っても、とてもわかり易いストーリーだったと思います。

当然のことながら、ただやめるだけでは売上が下がりますから、必死で新規開拓をする必要がありました。

もっと良いタオル売り場の提案、そのためのアイテム開発に懸命に頑張りました。

その結果、今の林があるのです。

 

会長に以前よく言われた言葉に「 問屋  と おでき は大きくなると潰れる」というのがあります。

 

オーナー社長がワンマン体質を変えることが出来ず、すべてのことに手が回らなくなる

そして管理者=責任者が育っていない 

——— この2つが重なれば会社は必ず潰れます。

 

当社としても、若手にもっと会社経営に参加してもらうという意味で

社長室の方と連動して我こそは将来の林を背負って立つという人を数名集めて

どうすれば更にいい会社になるのかということを考えて頂く「会社を良くする若手の会」を作りたいと考えています。

そこで出された結論を経営に取り入れていくつもりです。

 

今後もさらにやめていかなければならないことが発生するかもしれません。

 

それでも生き残るために今やらなければいけないことが、「深く」です。

 

続きはまた来週

 

公開日: 2016年10月21日 金曜日

辰己さんバースデー写真 (加工済)

今回のインタビューは、入社1年目の辰巳 麻子

いつみても笑顔キラキラ、元気いっぱい でもどこか落ち着きがある

辰巳さんっていったいどんな子なの??という皆さんの疑問にお答えできるように

しっかりインタビューしてきました

 

高校生の頃、辰巳さんがはまったのは、刑事ドラマ

事件を解決していく女刑事に憧れ、自分も刑事になることを決意

公務員試験の為に、法律を専門に学ぼうと、法学部に入ります。

就職活動中も、懸命に公務員試験に挑戦。大阪府警を目指し、3回も試験を受けたとか。

筆記は通るのですが、どうしてもハードな体力テストをパスできず断念。

卒業後は2年間、法律事務所で勤務しました。

 

刑事になりたいほど、体力には自信のある彼女。(腹筋100回は余裕♪ 今でも毎日筋トレしてます!)

法律事務所でのデスクワークがつらくなり、営業職での転職活動を始めます。

そんなとき出会ったのが、林株式会社でした。(特にタオルにこだわりなかったとのこと(笑))

 

生まれも育ちも大阪。生粋の大阪っこの辰巳さん

しかし、研修後発表されたのは、いきなりの東京店勤務

絶対に大阪を離れたくなかった彼女は、本当に嫌だ と悩んだそうです。

しかし、逆に言えば、大阪以外を知らない自分には、良い経験にはなるかもしれない!と

自分を奮い立たせ、大反対の両親を自ら説得し、4月から東京での生活が始まりました

 

東京も初めて。

会社も初めて。

一人暮らしも初めて。

 

初めてだらけの毎日に最初は、つらい思いもしたようですが、最近やっと楽しめるようになってきたそうです。

辰巳さんは気づきました。

東京には大阪より遊ぶところがたくさんある~~~~!!!と。

そして

大好きなスィーツもたくさんある~~~~!!!!!!と。

 

とにかくお休みは、有名なスィーツを求めてあちこちへのお出かけが最高の息抜き。

携帯のスィーツ専用フォルダーの中には、これまでに食べたスィーツの写真がいっぱい

本当にうれしそうに見せてくださいました。

まだまだ東京でいろんなところに行きたいので、東京勤務でいたいです!とのこと。

今では、東京を楽しむ娘を見て少し安心されたのか、ご両親も東京勤務を応援してくださっているそうです

(4年後のオリンピックを見に来る!とすでに意気込んでいらっしゃるとか(笑))

 

仕事では、入社半年ながら、すでに営業職の楽しさを感じている様子。

自分が良いと思って提案した商品をお客様も気に入ってくださって買ってくださった時は、

本当にうれしいそうです。(半年で、そんな気持ちを持てるなんてすごいですね!)

得意先であいさつをしただけで、関西人とばれてしまうぐらい、まだまだ関西オーラ満点の彼女。

しかし、そのおかげで、好感をもって頂けてうまくいくこともあるとか!?

(まだ2週間に1回は、必ずお好み焼きか焼きそばなど、粉もんを作って大阪スピリットを忘れていません!)

 

事前の広報の調査によると、同じチームの先輩から見た辰巳さんは、

“度胸があって物怖じしない” ”芯がある人” としっかりもののイメージ。

しかし、彼女自身の本音は ただの甘えべた なんですとのこと。

先輩たちは辰巳さんのそんな部分もしっかり見抜いて見守っています

もっと甘えて頼っていんだよ というチームメンバーからの言葉に、うれしそうな表情を浮かべて、

宜しくお願いします♪ とのことでした。 (先輩方!サポートお願いします!)

でも、5年後の夢は、やっぱり自分が頼られる存在になること

そのために、来年は、関西出身の女子の後輩が欲しいそうです(笑)

 

そんなやさしいチームメンバーからもらった誕生日プレゼントがこちら

スィーツ好きの彼女に合わせて、オリジナル辰巳さんチロルチョコ♡

辰己さんバースデープレゼント

この集合写真を見れば、どれだけかわいがられてるのかよくわかりますね

辰己さんバースデー集合写真

 

誕生日当日は、会議

仕事が終われば、自分へのご褒美に、ステーキを焼いて、ケーキを食べるんです とかわいい笑顔

毎週、日曜日にお料理を作り置きし、毎日お弁当をもってきて節約に励む辰巳さん。(しっかり者!)

誕生日は、思いっきり牛肉と大好きなスィーツで贅沢してくださいね

 

インタビュー中に、地震のハプニングもあり、動揺する広報2人に、明るく笑顔で逆質問してくる辰巳さんに

本当に元気をもらいました。(笑)(こちらが質問されたのは初めてです!)

これからもその素敵な笑顔で、東京営業女子を盛り上げてくださいね。期待しています♡♡♡

 

(少しフライングですが・・・)お誕生日本当におめでとうございます

 

公開日: 2016年10月18日 火曜日

こんにちは!

中央商品センター 物流部の眞下です!

 

10月15日(土)に園芸活動を行いました

会社の周りには夏の間にぐんぐん成長した雑草がいっぱい・・・

 s_1
そこで、有志の総勢34名の方と朝から草抜きをしました!

 

10月だから涼しいと思って少し暖かめの服装をしてきた私ですが、

大間違いでした!!

この日は最高気温が25度を超えていたので、外にいるだけでも汗ばんできました

でも、先輩方はフード付きタオルで日焼け対策も完璧でした☆

さすがです!!
 s_2

 

2時間程草抜きをした結果、雑草がこんなに↓↓生えていた所が・・・・
 s_3

こんなにキレイに!

s_4

 

また、普段なかなかできない溝も、社長自ら一輪車を持って男性社員と掃除してくださいました
 s_5

草抜きが終わり、写真撮影!

みなさんいい笑顔です!
 s_6

頑張って動いた後は、ご飯です! お酒です!
 s_7
箱の上にタオル(ポルトガル製 ボヤージュ75x150cm)を被せるだけでオシャレ感がでますね^^

社長からのご厚意で頂いたワインで乾杯!

あまりにもおいしくてかなり酔っぱらってしまった方もいたとか・・・(笑)

おいしいワインをありがとうございました!

 

今回、都合上参加できない方もいらっしゃったのですが、

その方たちが自主的に仕事終わりに草抜きをしてくださっていました!

ありがとうございました!

 s_8

また、本日宝塚市のNPO法人様から園芸に使っている土や肥料が届きました!

またこれを使って、たくさんのお花を植えて会社を美しくしていきたいですね^^
s_9
 

このページのトップへ