バースデー

2017年2月

公開日: 2017年2月13日 月曜日

DSC_4506

今回のバースデーインタビューは、中央商品センター第二営業部、吉村洋人

 

36歳にして、社歴が18年と、人生の半分を林株式会社で過ごした彼は、

この会社で思い描いてきた夢を一つずつ着実につかんでいます

かの有名なサクセスストーリーの裏側から、間近に控えたおめでたい話題まで!

熱く!たっぷり語って頂きました

 

高校卒業を控えた吉村課長は、お父様の紹介で、とある会社に就職することが決まっていた

・・・・・はずでした。

しかし年が明けて、びっくり!!!先方の会社とお父様との間で情報がうまく伝わっておらず、

高卒生は採用できないことが急にわかりました!!

慌てて、年明けから高校の求人を見て、数社を絞り込みます。3~4社に絞り込んだところで、

若き吉村課長が一番重要視したのは、女性社員の数!!(笑)

一番女性社員が多かった林株式会社を迷いなく選び、めでたく就職することになりました。(笑)

 

高校時代の友人は、大工など職人になった方も多く、自分もアルバイト経験があったので、

やはりラッパズボンへのあこがれもありました。(似合いそう

両親にも、就職できなかったら、親戚のところへ大工修行に行きなさい と言われていたそう。

でもそんな環境の中、吉村課長が抱いた夢は、まわりの友達とは違うことがしたいという事

お父様がサラリーマンだったこともあり、自分も会社に入れば、

営業職に就きたいと、この頃から思っていたそうです。

 

入社してからは、物流部に配属

最初の7年間を、問屋や小売をお客様とする一般出荷を担当し、その後、一人で大手量販店を担当しました。

その時の営業担当が、今の上司である、井澤常務。

そのころは、まだ誰も笑顔を見たことがない・・・・・とさえ言われ恐れられていた人物。 (今は優しいスマイルです♡)

これから宜しくお願いします!と気合を入れて挨拶した若き吉村課長を

 そんなんええねん! と一喝したとか(笑)

しかし、一緒にタッグを組んで、商品を出荷していく中で、

常務の厳しさの裏にある正しさを知り、次第に打ち解けていったそうです。

物流で、人脈を広げながらも、営業部にいきたいという夢は絶えず持っていたものの、

どのように、誰にこの気持ちを伝えればいいかもわからず、悩んでいたそうです

そんな時、林株式会社で年4回行われる全体会議に出席してみないか?と当時の社長室長から声がかかりました。

いまだになぜ自分に声をかけてもらえたのかわからないとおっしゃる吉村課長ですが、

やはり日々の業務の中で、なにか光るものがあったのだと思います

 

ここからが、夢をつかむ第一歩の始まりです

林株式会社の全体会議と言えば、会議の後は宴会→カラオケがテッパンコース

宴会の合間に行ったトイレで、偶然、林社長と二人きりになります。

そのころは、まだほとんど社長と話もしたことがないような間柄

しかし夢をつかむ男はここで、行動に出ます。(お酒も手伝って)

 

「僕、本当は、営業に行きたいんです!」

(一部、あまりにもこの伝説が語り継がれる間に、「俺、営業に行きたいんっス!」などと言ったという説が

流れていますが、間違いです。丁寧にお願いしたそうです。)

 

この言葉を聞いた林社長。

席に戻るや否や、社長室長始め、上層幹部に、

「吉村君、営業部に行きたいって言ってるよ!」と神の一声。

さらに驚いたのは、そのあと

土曜日のこの事件の後、次の月曜日には、呼び出しがかかり、

本当にやりたいのなら、すぐに引き継ぎを始めよう!と異動が決まったそうです。

これが林だからできるスピード感。

人生が変わったこの時、林(株)の社員で良かったと感謝したそうです

 

異動後は、大手ディスカウントストアの営業担当になります。

1店1店、お店を回って店員さんと話して商品を売っていく営業でした。

大変でしたが、タオルを売る前に、自分を売りこんで、信頼してもらって、それからものを買ってもらう という経験の中で、

お客様に誠意をもって接することの大切さを学びました。

若い世代にも、この最初の経験が大きな商談をするようになったときに活きるんだ と教えているそうです。

今は、大手量販店の担当になり、取引先様も大きく変わりました。

難しい面も多く、今までとは違う視点で仕事をしていかないといけない。

次の新しいステージに突入した気分で大変ではあるが、

やはり、それでも自分という人間を売り込むスタイルは変わりなく貫いていきたいと語ってくださいました

 

そんな吉村課長と言えば、完璧に整ったファッションに、アメ車(かっこいいです♡)

昔から車へのあこがれも強く、とにかく大きい車に乗りたかったそう

18歳で免許を取ってから、19歳にはすでにアメ車を購入

そこからずっとこだわりの車に乗り続けています。(林の社員だから買えたんです!とのこと)

ファッションにもこだわりが強く、これ!!と思うものが見つかってしまうと、

値段も気にせず購入することもあるとか!?(すごいです

しかし意外にも、それ以外は、500円、1000円単位でそれぞれのお店の値段をチェック!!

ネットまできちんと調べて一番安いところで購入する努力は惜しまないそうです(意外ですね!)

 

実は近々、結婚を控えられている吉村課長 しかも社内結婚 (社内はお祝いムードでいっぱい

休日はこれもまた、小さいころからの憧れだったアウトドアキャンプに、

未来の奥様と行って楽しまれているそう 本当にたくさんの夢を林(株)でつかんでこられたのですね。

最近は、新居の準備など、奥様といろんなことを一緒に決めたりする過程がすごく楽しくてワクワクしているんです

とのろけていました♡ (幸せオーラ頂きました

 

お祝いの言葉が多かった今年の社員からのバースデーカードを読んで、

結婚しても遠慮せずに、飲みに誘ってください!とのメッセージ!

(後輩のみなさんどんどん連れて行ってもらいましょうね♡)

結婚を機により一層、気持ち新たにがんばりたい!とおっしゃってくださいました。

(社長からは社長職を目指すように! とのお言葉! 頑張ってください!)

 

これからも、いろんな新しい夢を、林株式会社でつかんでいってくださいね

 

お誕生日おめでとうございました

公開日: 2017年2月10日 金曜日

                                         プレミアムフライデーA3

 

林株式会社は経済産業省が推進する「プレミアムフライデー」の趣旨に賛同し、
初回日にあたる 2017224日(金)に、第一回目を実施致します。

プレミアムフライデー公式サイト

 

詳細

対象:林株式会社 全営業所(大阪本社・東京店・川西中央商品センター・三田商品センター)

就業時間:午前9時00分~午後3時00分(通常:午後6時00分まで)

 

経営理念である『笑顔とタオルでいっぱいの会社』を目指す当社は、

プレミアムフライデーに就業時間を早め、豊かな時間を過ごす1日とし、

当社の従業員一人ひとりが心身ともに「笑顔で幸せを感じとれる」時間の創出をすることで

ワーク・ライフ・バランスの更なる充実と家庭や地域生活における社会への貢献活動を目指します。

 

何卒ご理解頂きますようお願いいたします。

 

公開日: 2017年2月8日 水曜日

商品部の田島です

最近の話ではないのですが、

今まで仕事をしていて、ツボにはまった日付に関するネタをご紹介します

 

Aさんから、

お客様に商品を決めて頂いたので、納期までにこの数量を入荷させて下さい

という依頼書を頂きました。

その依頼書日付が、なんと1905年7月2日明治時代からメール頂きました!

そんな昔から依頼されたら、確実に入荷させないといけないですね!

 

Bさんからは、

年間計画表を頂き、毎月の必要数を教えて頂きました。

1月~13月

ん?待って、ひと月多い 閏月みたいな

太陰太陽歴では、本当に閏月があったみたいですね

 

そしてCさんからは、

店頭の陳列に合わせたタオルのたたみ方の指示書を頂きました。

普段、ほとんどの方は、エクセルで作っていらっしゃいますが、

この方は、手書きで、こちらです。

画像1

みつけられましたか?

はるか未来からのお手紙です。

20013年5月8日。いったい、どんな世界になっているのでしょう

 

人間なのでこういう小さなミスはどうしてもありますよね

私もできていると思い込んでしまって簡単なミスをしてしまうこともあります

まずは、このような思い込みミスが起きないような仕組みを作ることが大切だと

実感した出来事でした

 

 

公開日: 2017年2月8日 水曜日

中央商品センター物流部の吉川です。
 
2月4日(土)に中央商品センター社員みんなで参加しました、

『猪名川クリーン作戦』についてお伝えさせていただきたいと思います

 
今回新人社員の私は初めて参戦させていただいたのですが、

そもそも猪名川クリーン作戦とは地域の方達と協力して、毎年この時期に行なっている川の清掃活動とのこと。

         画像1

中央商品センターは猪名川沿いにあり、川の美化に貢献するため

地域の方々と一緒に毎回参加させていただいているようです

 
まず掃除前の川を見るとゴミが結構落ちていました

道路からのレジ袋や食品などのゴミ、雨風などで流れ着いたような傘やパイプなどの大きめのゴミなどなど。

画像2

画像3
 
弊社では前半・後半にチームを2部制にして開始時間に合わせて10時から活動をスタートしました。
画像12

画像9

私は後半チームだったのですが、前半チームの皆さんがとても頑張ってくださっていたようで、

後半チームの交代時には既にだいぶ綺麗になっていました。凄い!!

皆さん各々で一生懸命ゴミを集めていらっしゃいまして、

とてもワイワイと楽しそうに清掃をしていたことが印象的でした。

とっても素敵です!!

画像4

画像10

 

集めたこれらのゴミは市の条例に基づき5種に分別して集めます。

2時間程の清掃で、こんなに集まっていました。
 画像14

画像13

画像15
清掃活動終了後、川の外観が格段に綺麗になりました!!
画像16

画像17
当日はとても天候に恵まれていて、お日様の陽でポカポカと、

完全防寒対策をしていたのもあり暑いと感じるほどで、

土手から川沿いを歩いているととても心地よく、癒されました。

地域のみなさんと清掃してとてもキレイになった猪名川をぜひお散歩がてらにでも見に来てみてくださいね

画像18

 

公開日: 2017年2月6日 月曜日

広報の上見です

2月4日(土)は、林株式会社中央商品センター恒例の猪名川クリーン作戦でした。

中央商品センターの横を流れる猪名川流域を地域のボランティアの方と一緒に清掃する大イベントですが、

林株式会社も数年前より、会社として、全社員で参加しています

 

その様子は物流部ブログで紹介させていただきますが・・・・

今年は、クリーン作戦に加えて、2月4日を「防災を考える日」としました。

林株式会社の社員には、すでに各自1つ非常用持ち出し袋が配布されており、各事業所には、

社員が被災した場合に備えて、様々な防災備蓄品が準備されています。

 

備蓄品があってもいざというときに使い方がわからなければ意味がない!ということで、

今回は、その中から、湯沸しBOXでお湯を沸かし、防災食のラーメンの試食を行いました

 

クリーン作戦後、前半後半に分かれて、約50名ずつ合計約100名が参加

松尾先生の指導を聞きながらみんなで、まずは、お湯を沸かします。

DSC_4455

箱の中に、発熱剤と、パックにいれたお水を入れていきます

DSC_4453

みんなで協力しながら作業を進めます

DSC_4451

お湯が沸いたらラーメンに入れます

DSC_4464

4分ほど待てば、出来上がり~

DSC_4487

みんなおいしそうに食べてくださいましたさすが防災食!フォークつきです

DSC_4488

DSC_4469

これでいざというときにも、みんなで協力できますね

試食会の後は、皆さんに、保存食のごはん一つずつと、防災の心得タオルが配布されました。

ご飯は、各自家に持って帰って、家族との防災の会話のきっかけになるように という

意味が込められています

防災の心得タオルは、弊社の商品です。

災害ダイヤルや、準備しておくべき防災グッズが、片面ガーゼのタオルに印字されています。

     防災

今回は、各自の非常用袋にこちらのタオルも追加するように、会社から支給していただきました

DSC_4474

クリーン作戦後のおなかも満たせて、防災備蓄品のお勉強もできて、最後にはお土産付

と皆さん大喜びの一日でした

 

今後も、社員の皆さんに防災に対する意識を少しでも持っていただけるような

企画を考えていきたいと思います

(松尾主任・辰巳主任 準備等ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日: 2017年2月5日 日曜日

林さんお誕生日写真1

今回のバースデーインタビューは、林 靖朗

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、何を隠そう、林社長のご子息

社内には、まだまだ入社1年目の彼の正体が気になる~ という方も多いのではないのでしょうか??

(私が一番気になってるのかも・・・(笑))

今回は、26歳になった林さんの仕事に対する熱い思いから、プライベートまでをいろいろ聞き出してみました

 

林さんが学生時代に得意だったのは、日本史とバスケ

京大生になったお友達にも、日本史だけは、負けてなかったというぐらいの得意科目!

日本史好きの林メンバーでクラブができそうですね

バスケは、意外にも子供のころは、すごく背の低かった林さんが、

一つ上の仲良し先輩(同じく背が低い)が、バスケで活躍する姿を見て始めたのがきっかけ。

それでも、高校1年の時、どうしてもバスケをやめたくなった林さん

先輩の引退試合にまぎれて、自分も辞めよう。

試合後のミーティングで監督に言うぞ!と思っていたら、ミーティングが始まるやいなや、

そんな自分が次期キャプテンに任命!!

辞めるとは言えず・・・・高校卒業までがんばったそうです(笑)

監督の目から見てもなにか光るものがあったんでしょうね

 

そんな学生時代から、独立心が強く、早く家を出て自立したかった林さんは、(社長ご自身もそうだったとか(笑))

その通り、大学卒業後は、大手の製薬会社に勤務

しかし、業務内容は自分の満足いくものではありませんでした。

もっと自分の力で仕事をしたい。

もっと楽しいと感じられる仕事がしたい!

そう思った林さんは転職を決意し、人材派遣会社に就職します。

朝早くから夜遅くまで、激務でしたが、充実感のあるすごく楽しい仕事だったそうです。

派遣社員の方や派遣先の方など、人とのつながりがメインの仕事。

個人用と会社用の携帯のアドレス帳が全件いっぱいになるほど、いろんな人と知り合いました

その会社の社長のモットーが

〝お客様とは、メールではなく、実際現場に足を運んで話をすること” だったそうです。

毎日毎日、現場に足を運ぶことで、現場の方との関係も濃密に。

派遣会社を辞めた今でも、個人的に連絡が来るほど、前職ではたくさんの人脈を作ることができたそうです。

 

こんな充実した社会人生活を送り、小さいころから、林株式会社には入りたくない!と

言い続けてきた(笑)林さんがなぜ入社を決意したのか?

それはやはり、親孝行。

〝自分が林株式会社に入りたくないと言い続けてきたことを一番よく知っている父親が、

それでも自分に声をかけてくれた時、これが親孝行をするときだと思った” と語ってくださいました。

(素敵ですね・・・・・

 

入社後は、東京店に配属。

ベテラン森次長の下で、提案書作りや林の営業スタイルを一から学ぶ日々が始まりました。

今では担当の得意先もあり、日々奮闘中です

″動物園”? いや、〝渡邊弘教”? ともいわれる団結力のある、和気あいあいとした東京店の中にもすっかり溶け込み、

誕生日プレゼントとして、グループのメンバーからは、

東京店恒例のオリジナルラベルのワインをプレゼントしてもらったそうです

(東京店でも素敵なメンバーに恵まれましたね!)

林さんお誕生日写真3

 

もちろん小さいころから、たくさんタオルのあるお家で育った林さんが選ぶ林のベストタオルは・・・・・・・

泉州のスーペリアドット

小さいころ家にたくさんあった泉州のタオルと言えば、ただ真っ白で薄い・・というイメージだったのに、

吸水性の良さや軽い使い心地という泉州の良いところは残しつつも、美しい柄で柔らかいこの商品は、

林さんの泉州タオルのイメージを変えたようです

東京の得意先ではまだまだ泉州ブランドの認知度が低いので、もっと売っていきたいということでした!

 

プライベートでは、関西人らしく粉もんマインドを忘れていないようで、

お好み焼きを家でつくって食べるほど大好き 週一回は必ず食べるようにしているそうです!

そんな林さんの休日は、とにかく飲みに行くこと

昼ごろに整体にいってから、そのまま飲みに行く!というのがいつものスタイル。

飲みながらできるダーツやビリヤードも得意とのこと(もてる男の条件ですね)

お酒は、チューハイプレーンが好きですが(笑)、基本的に何でもいくらでも飲めるそうです!(すごい!!

今でも前職で知り合った方や友人・東京店のメンバーなど、

毎週お誘いが尽きないとのこと 本当に毎日素敵な人に囲まれているんですね

 

ここには書けませんが・・・(笑)学生時代のバイトでも本当にいろんなことを経験されていて、人生経験豊富。

26歳とは思えない落ち着きは、この経験と築きあげてきた人脈から来ているんですね

東京店若手の会リーダーでもある林さん。

これからも、どんどん新しい経験を積み重ねて、林株式会社を熱い会社にしてくださることを期待しています

 

お誕生日おめでとうございます

 

公開日: 2017年2月4日 土曜日

初めまして、中央商品センター物流部の森脇です

 

私は、趣味でバーレーボールをしていて、社会人のクラブチームに3つ所属しています

先日試合があり、みごと優勝しました

そして、大阪代表で全国大会出場が決定しました

バレーボールと言えば、男子・女子とがわかれているのが普通だと思いますが、

今回は男女混合のチームでの試合でした!

男子と女子では、身長・力・タイミング・声のかけかた等、様々な異なるところがあり、

すごく難しくて全く違うスポーツのように感じました

しかし、お互いが声を掛け合い、同じ方向に向かっていくことで自然と一致団結することができました!

その結果が、優勝につながったんだと思います
画像3(森脇) 

 画像2(森脇)

私は、他にもママさんバレーのコーチ・小中学校での指導、後輩チームの練習に参加、母校でのOB戦、等、

いろんなところに出没しています(笑)

そのおかげで私の携帯は、バレー関係の方の連絡先ばかりで、

いろんな年代の方々から飲み会などのお誘いをいただくようになりました

スケジュールはパンパンになりつつありますが、人とのつながりが増えるということはすばらしいことだなと、

日々感じています。

皆さんも、バレーボールとは言わないですが、一つの目標に向かって進んでいける何かに挑戦し、

そして共に助け合っていけるそんな仲間を作ってみてはいかがででしょうか?

すごく気分がいいですよ

私は、今週も試合なので頑張ってきます

 

このページのトップへ