第二営業部

4月, 2017

公開日: 木曜日, 4月 6th, 2017

こんにちは!第二営業部 デザイン室 大山です

 

先日、人気文具雑貨のマスキングテープを作っている会社の工場見学へと行ってきました。

集合場所にはマスキングテープ柄にラッピングされたバスが待機

これに乗って工場まで向かいます。

s_01

何とラッピングは車内にまで!かわいすぎてこれはテンションが上がります

s_02

ところで、みなさんはご存知でしょうか?

先程「人気文具雑貨」と書きましたが、それはごく最近のお話。

マスキングテープはもともとは塗装の際に、塗料がはみ出して作業箇所以外が汚れないようにするための

保護として貼られていたものなのです。

ところが、その工業用のマスキングテープの

「貼ってはがせる」「テープの上に字が書ける」

という特徴から、文具として使用していた一般の女性より

「文房具用としてもっとたくさんの色展開をして欲しい!」

という要望を貰ったことがきっかけで、今の文具としてのマスキングテープが誕生したのだそうです。

今では世界中で大人気のマスキングテープですが、

その第一歩がお客様の声から生まれたということに驚きました

 

さて、20分ほどバスに揺られて工場へ到着。

ここで工場内の見学をしてマスキングテープのできる過程を説明して頂きました。

…が、残念ながら工場内は撮影禁止

こちらの会社では元々ハエ取り紙の製造をおこなっていたそうで、糊の開発に秀でているようです。

マステに使われる貼ってはがせる絶妙な粘着具合の糊が出来るまでの解説をしてくださいました。

次に、可愛い柄が印刷された大きなロール紙、内側には既に貼ってはがせる糊がついています。

これを機械で1本分の太さに巻き取り、裁断する製作工程を見学。

私は和紙に絵柄をプリントする印刷機を見たかったのですが、

糊面も同時工程のようでやはり企業秘密なのでしょう、印刷機は一般公開されていませんでした…残念。

最後に検品や袋詰め、発送準備をする物流工程を見学することができました。

工場や事務所内の機械やデスクなど様々な所がマスキングテープでデコレートされていて、

おしゃれで可愛い現場になっていました!

 

工場見学の後は資料館を見学したり、ショッピングをしたり、

ワークショップに参加したり…自由に過ごすことができます。
s_07
資料館にはマステでデコられた車や自転車、歴代のマステのデザイン、

そして現在はマスキングテープが主力となっていますがハエ取り紙製品のPOPの展示など

貴重で興味深いものがたくさんありました。

s_03

s_04

s_05

s_06

今回の見学会ではマスキングテープの製作過程を見たり、限定のテープを購入したことも楽しかったのですが、

工場内で働く従業員の方たちの人柄がそれ以上にとても印象的でした。

みなさん笑顔で優しく、丁寧に対応してくださり、本当に素敵な会社だなぁ~と、

一消費者としてますますこちらのマスキングテープのファンになりました。

 

こちらの会社では工場見学の他にも地域と提携して様々なイベントもおこなっているそうです。

今現在は岡山城をマステでデコレートしたイベントがおこなわれています。
s_08

デコレーションに使用しているマステのカラーのピンク、グリーン、ブルーは

それぞれ岡山県の特産品である桃、マスカット、デニムをイメージしているのだそうです。
(そういえば今回の工場見学で乗ったバスのカラーもピンク、グリーン、ブルーの3種ありました!)

マスキングテープが人気商品だから…というだけではなく、

会社として信頼され、地域の方に愛されているからこそできるイベントだと思います

かわいく楽しいだけではなく、色々と勉強になった工場見学でした

公開日: 木曜日, 4月 6th, 2017

商品部の上見です

 

4月10日(月)から始まる林株式会社展示会

今回のメイン商品は、今話題の ”ブルックリンスタイル”

 

ニューヨークの中でも、デザイナーやアーティストが多く住む感度の高い町。

それが、ブルックリン。

ニューヨーク市街地へのアクセスもよいという都会的な一面がある一方、

歴史的な建造物が多く存在し、昔は工業地帯だったという特徴もあります。

ニューヨークらしく都会的な洗練されたものと、

ブルックリンのインダストリアル感をミックスさせたスタイル。

それがブルックリンスタイルです

 

今回は、そのブルックリンスタイルの世界をタオルで表現しています。

デザインだけではなく、素材にも十分にこだわったのが、今回のメイン商品。

世界三大綿花とされる、新疆・ウイグル地方で栽培された長綿を使用しています。

その気候と地形から、綿花栽培に最適な新疆では、今でも昔ながらの手摘みで

綿花が収穫されています。

優しく丁寧に扱われた綿花は、柔らかな肌触りと、美しい光沢を生み出します

 

まずは、ブルックリンチェック と ブルックリンブラック

DSC_4799

シンプルな白×黒のチェックは、洗練されたイメージ。

どんなシーンでも使いやすいですね

ブルックリンブラックは、流行のバスロール風。

  DSC_4805

こんな風に飾るだけで、ググッとお部屋がアップデートされますね

グレー部分は、杢糸を使用することで、何ともいえない色味が表現されています

 

DSC_4809

やわらかく、くすんだ色味が特徴のブルックリンカラー

濃淡のバイカラー仕様なので、シンプルながら、こだわりを感じさせます。

ご紹介した商品には、すべてこちらのタタキつけネームがついております

 DSC_4803

DSC_4801

 

その他、バスマットもご用意して、トータルコーディネーートができる

ラインナップを揃え、皆様のお越しを社員一同、心より、お待ちしております

 

展示会の詳細はこちらからご確認くださいませ

 

 

 

 

 

公開日: 水曜日, 4月 5th, 2017

本社 経理の栁本です

 

来週、4月10日(月)から本社・東京店で展示会を開催します 詳細はこちらから

そこで今回は本社での、展示会準備の様子をちょこっとご紹介しようと思います

展示会の際は、毎回営業部・商品部・デザイナーさんが大集合して

ディスプレイの大改装を行います。

         画像1

展示会のたびにがらりと展示室の雰囲気が変わるので、

毎回出来上がっていく様子がとても楽しいです

 

そしてもう一つ、お越しいただく皆様を心待ちにしている子たちが…

s_逕サ蜒・

本社トロピカーナたちです

          s_逕サ蜒・ (1)

皆さんに見ていただくために水草をお手入れして準備ばっちりです

3階の入り口で待機してますので皆様ぜひお越しの際は会ってあげてくださいね

他にもお荷物を入れていただくカゴや、ご自由にお使いいただけるブランケットも

ご用意していますのでお気軽にお声かけください

画像4

はらぺこあおむしのかわいいエプロンで皆様のお越しを心よりお待ちしております
画像5-1

公開日: 水曜日, 4月 5th, 2017

2017年秋冬の展示会を東京でも大阪と同時開催いたします。

 

開催日程:2017年4月10日(月)~4月14日(金) 9:00~18:00
場所:林株式会社 東京店
   ※お越しの際は、1階事務所にお立ち寄りくださいませ

 

トレンドを押さえた商品から人気の定番品まで、幅広いラインナップをご用意しております

 

東京店社員一同、笑顔で皆様のご来場をお待ちしております

2017.4月展②

公開日: 火曜日, 4月 4th, 2017

こんにちは 

昨日の2017年4月3日は、林株式会社の入社式でした。

今年も、高卒、大卒含め、17名の方が元気に入社してくださいました

 

まずは、社長からのお話 皆さん真剣そのもの

20170404-0945

 次に、取締役の商品部 上西部長より、祝辞を頂戴しました

キャリアの長い部長ならではの貴重なお話を聞かせていただきました

20170404-0963

 

その後は、社員代表からの挨拶ということで、本社経理部の門林さんよりご挨拶

新入社員と年代のちかい彼女ならではの、とても心温まる素敵なスピーチでした

20170404-0980

 

それにこたえる形で、新入社員代表 藤原さんより、決意表明

その気持ちを大切にしてくださいね

20170404-1003

 

そして、いよいよお待ちかねの配属辞令

一人一人、社長より直接辞令を受け取りました

20170404-1062 20170404-1029

辞令を受けっとった後は、それぞれ、決意表明を発表

皆さんの熱い気持ちに、本当に心打たれるものがありました

20170404-1114

最後は、みんなで集合写真

17名ともなると、すごい迫力ですね

20170404-1173

 

今は、配属先も決まり、期待感よりも、不安と緊張でいっぱいだと思います。

しかし、林株式会社は「笑顔とタオルでいっぱいの会社」

どこの部署にいっても、笑顔いっぱいの先輩社員が皆さんをあたたかく受け入れてくださいます+

安心して、笑顔で社会人としてのスタートを切ってくださいね

 

皆さんの今後のご活躍を、心よりお祈りしております。

ご入社、本当におめでとうございます

 

※今回は、㈱ReFEEDの田原カメラマンにお越しいただき撮影していただきました。

素敵な写真をいつもありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日: 火曜日, 4月 4th, 2017

60周年

社員の皆さんのお陰で、60周年を無事迎えることが出来ました。

本社の会議室に、後藤新平が言ったという名言がかけられているのをご存知でしょうか?

 

「財を遺すは下。されど財なくんば事業保ち難く。事業を遺すは中。事業なくんば人育ち難し。人を遺すは上なり」

 

この年になると非常に深いものを感じます。

分かりやすくすると

お金を残すだけでは意味がない

だけど、お金がなければ会社を維持することは出来ない

会社を残すのはまずまず

会社がなければそこで働く人を育てることが出来ない

人を育てることが最も重要で、意味のあることである。

という感じでしょうか

 

今の我が社がどの段階にあるのかはともかく

今後は人の教育に全力をあげて取り組んでいきたいと思います。

 

公開日: 月曜日, 4月 3rd, 2017

こんにちは、商品部の橋本です。

最近暖かくなってきましたので、ふらっと万博公園へ出かけました。まずは腹ごしらえ

写真1

↑今回も豊中の某ラーメンショップにて鶏豚骨ラーメンを注文しました。

大分濃厚で、好き嫌い分れるかもしれません。

私は好き嫌いないので美味しく食べましたが、胃もたれはしました。

通常の醤油ラーメンもありますので次回挑戦します

 

エキスポシティー前のガンダムとシャア専用ザクを通りすがりにちら見してから
写真2

幼少以来の万博公園へ突入し 

すぐに太陽の塔に出迎えてもらいました

写真3   

耐震補強工事中ということでクレーン車が横に並んでいます。 
 
幼少期に見た時より小さく感じましたが、独特の威圧感と異様な佇まいは健在でした。

 

写真4        
裏の姿です。

裏の方がかっこいいので個人的には好きです

表の胴体の顔は現在、表上部の金の顔は未来、裏側の顔は過去を表わしているそうです。

更に地下空間には第四の顔まであったみたいなのですが、

1993年以降行方不明になり、捜索の甲斐なく結局見つからなかったようです

2018年3月に予定されている内部公開用に、つい最近模型が完成したとのことですので

興味がある方は検索してみてください。

この模型を基に失われた第四の顔が再現されるということです。

 

太陽の塔に特に思い入れがあるわけでは無いですが、

私も太陽の塔の様に深みのある人間を目指します!
   

公開日: 土曜日, 4月 1st, 2017

このたび、林株式会社のプレミアムフライデー実施に関して、神戸新聞様より

取材を受け、3月31日朝刊に記事を掲載していただきました

 

神戸

かなり大きくあつかっていただき、広報課としても驚いております。

テレビや新聞の取材などの依頼が来るようになり、2月のプレミアムフライデー実施が

企業として、いかに意味のある一歩であったのかということを実感致します。

今後も、最終金曜日に縛られず、林株式会社は、少しでも多く、社員の方に

笑顔になっていただくための働き方改革を続けていきたいと思います。

 

このたび、取材してくださった神戸新聞社様、協力してくださった社員の皆様。

本当にありがとうございました

 

こんな社員もいます

このページのトップへ