物流部

2018年11月

公開日: 2018年11月30日 金曜日

センター物流部の田中です

少し時期がずれてしまいましたが・・・
11月18日の日曜日にハロウィンバージョンのスイーツビュッフェに
会社の先輩と行っていきました

行くからには全制覇
すべて食べれるようにおなかをすかせて挑みました

開始15分前に入店すると、撮影タイムが

1

2

3

いっぱい写真を撮りました

おしゃれな名前のスイーツがたくさん
どれも魅力的でした

 

2時間制で短いなと思っていましたが、甘いスイーツだけでなく食事系もあり
たくさん食べれました

 

家で過ごす休日もいいですが、外でおいしいものを食べる休日もいいなと思いました
先輩をいろんな話が出来て楽しかったです
おすすめのお店があったら教えて下さい

公開日: 2018年11月30日 金曜日

こんにちは。東京店の柳澤です。

先日、東武動物公園へ行ってきました。
関東以外の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、関東出身の私も、実は初めての訪問でした。
「動物公園」と言いながらも、実はその前に「ハイブリッドレジャーランド」という枕が付いていて、
動物園・遊園地・夏はプール・冬はイルミネーションとなかなか幅広いレジャー施設なんです。

1

東武動物公園の目玉のひとつは、ホワイトタイガー
2
とてもネコ感漂うお昼寝中でした

そして二つ目の目玉は、水上木製ジェットコースター
3
分かりづらいですが、このジェットコースター、全て木でできているんです
木製ならではのきしみと振動と音で、新鮮なスリルを味わえます。
ちなみに結構痛いです(笑)。

そんな目玉を差し置いて、私の印象に一番残ったのは、意外や意外、くまさんでした
4
蝦夷ひぐまのアヤメちゃん
写真ではイマイチ伝わらないのが残念ですが、恐怖を覚える巨大な体躯でした
柵のないところでこんな大きな熊に出会ったら、生きた心地はしないだろうなと・・・。

ちょっと風が強かったですが、キレイな秋晴れの日にリフレッシュできました

公開日: 2018年11月30日 金曜日

本社経理部 坂野です。

先日、大阪マラソンのボランティアに参加してきました
少し寒かったですが、いいお天気になりました

今年は、ゴールをした方々にタオルをお渡ししました。
残念ながら、当社のタオルではありませんでしたが・・・

まず、タオルを取りやすいように準備します
パッキンからタオルを出したり、要らなくなったパッキンを片付けたり…
普段タオル触る機会の少ない経理部の私は、皆さんの手際の良さに感激していました
画像1

画像2

ランナーの皆さんがゴールされると、
このように一人一人タオルを肩にかけていきます
画像3
日本人だけでなく外国の方もたくさん走られていました
塚谷係長もゴールされました

沢山あったタオルもあっという間に配り終え、無事にお仕事終了です

初めてでしたが、貴重な経験をすることができました
ステキな日曜日の朝活ができました

画像4

 

公開日: 2018年11月28日 水曜日

吉田課長Bday写真

今回のバースデーインタビューは、東京店営業部 吉田 朋生

入社21年目というキャリアで、上司からは頼れる部下、若手からは林の東京店を引っ張る兄さん的存在

大阪で生まれ育った彼が、東京でここまでのキャリアを積み上げるまでの軌跡をたどりました

 

高校・大学と吉田課長を夢中にさせたのは、今話題のラグビー

毎日のように怪我をしながらも、熱い青春時代を満喫しました。気付けば、大学四回生・・・・

自分の周りでもちらほらと内定が出始め、焦って合同説明会に参加します

大きなホールに、たくさんの企業ブース・・・あっけにとられて歩いていると、

“君、ちょっとこっちこっち!” と呼び寄せられたのは、林株式会社のブース(運命。。。)

タオルの専門商社だということがわかり、

“ラグビーにタオルはつきもの、人一倍タオルを使ってきたし、少しでもラグビーに関連する会社なら”と

後日の会社説明会に参加することにしたそうです

行ってびっくり

ただの会社説明会と聞かされていたのに、いきなり当日に筆記試験あり(今は事前にお知らせしてますよ

なんの準備もしていなかったので、散々な結果に終わり・・・

もう無理だとあきらめかけたところへ、なんと一次試験合格の電話が入ります

しかし、その内容は、なんと “明日面接するので来てください。” というもの

なんという唐突な会社なんだ!とびっくりしながらも一次面接に参加。

そこで、当時、常務だった現社長から、投げかけられた質問は、

“説明会と合わせて二回この会社に来て、どんな印象をもちましたか?” というもの。

当時の吉田課長は、

“よく館内放送のある会社ですね。きっといろんなお客様からたくさん注文など、お電話がかかってくるからですね”と回答。

その直後に、“ピンポンパンポーン・・・”とタイミングよく、また館内放送が入ったおかげで、

現社長も当時の総務部長も大爆笑

“本当だ!本当によく放送があるね!はい!今日は終了〜!” と言われて、そこで面接が終わったそう

えっ・・・・これで終わり?と不安になりましたが、

結果は大爆笑をとったおかげ?か合格!見事に入社することになりました

 

学生時代ずっと体を動かしていたこともあり、

社会人になってからも体を動かす仕事の方が向いていると物流の仕事を探していた吉田課長。

しかし入社後、最初に配属されたのは、商品の仕入れを担当する商品部でした。

最初の仕事は、当時、手作業で夜中までかかって行っていた棚卸のお手伝い。

そこから現社長を含める今の取締役クラスの先輩方にいろいろと教わりながら、

今治→インドネシア→中国 とさまざまな国の工場担当を経験

海外出張もこなすなど、商品部として華々しいエリートコースを突き進みます

まさに、林社長肝いりの秘蔵っ子だったそうです

 

そんな若かりし頃の仕事で、一番思い出に残っているのは、

【2日間のアメリカ村での路面店出店】です

関西の方ならお分かりかと思いますが、アメリカ村と言えば、今も昔も若者の聖地

当時の林社長はここでの販売でどのようなタオルがどのような価格帯で若者に受け入れられるのかを

検証するためにこのプロジェクトをスタートしました

そしてこのプロジェクトのリーダーに選ばれたのが、入社まだ2年目の吉田課長でした

2日間とはいえ、準備から運営・接客対応など、たくさんの社員の協力なしでは到底すすめられないこのプロジェクト。

まずは社内に案内を出し、この企画に賛同し協力してくれるメンバーを募り、説明会を開催。

いろんなトラブルを乗り越えながらも、若いメンバーを中心に、たくさんの人が協力してくださり、

大成功をおさめたそうです。

この時、人と協力して大きなことをやり遂げる大変さと楽しさを知ったと吉田課長は語ります

実はこのプロジェクトには、思わぬバックストーリーが・・・・

プロジェクト期間中、誰よりも熱心に接客を行い、リーダーである吉田課長に熱心に質問する女性が・・・・。

なんて素敵な女性なんだろう・・・と吉田課長が感じたその社員こそ、

現在の吉田課長の奥様なのです

このプロジェクトは売上だけではなく、素敵な愛も生み出していたんですね

 

その後、商品部での経験を生かし、東京店営業部へ配属

そこからは営業一筋の人生を歩み始めます。

東京と大阪は圧倒的に人・会社の数ともに違う。

林株式会社の商品は日本全国、たくさん店舗で販売して頂いていますが、

吉田課長は東京という場所でまだまだ新規開拓のポテンシャルを感じています。

今の若い世代は、できあがった方程式に沿って仕事することはすごく得意。

でも自分で考えて応用をきかせて仕事をすることが苦手。

例えば、新規開拓は方程式がなく、自分で0から作り上げていく仕事。

こういうことにどんどん挑戦して、飛び込むときのドキドキやワクワクをもっと感じてほしいとおっしゃっていました。

 

そんな吉田課長の5年後の夢は、部署問わずトップに立つこと。

そのためには、広く浅い知識ではなく、

タオルの事、営業のこと、物流のことをプロと呼ばれるレベルまで知識の深掘りをしないといけないと感じておられます

社員からのメッセージカードにも “東京店頼むぞ!” と各事業所のいろんな方から書いて頂けることもすごくうれしく、

励みになっているそうです

自他共に認める時期・東京店リーダー間違いなしですね

 

ラガーマンらしく、仕事も恋愛もどんどん自らの力で前へ前へ進めてきた積極性。

インタビュー中も、恋愛に悩む女子社員に、

「手をつなぐのは、もちろん1回目のデートからでしょう!」と断言する潔さ。

このような積極性と潔さがあるからこそ、東京店若手社員が吉田課長を慕っているのだと今回改めて感じました

 

これからも今よりもっと明るく、元気で、スピード感のある東京店を目指してがんばってください

応援しております

お誕生日おめでとうございます

 

 

公開日: 2018年11月25日 日曜日

中央商品センター物流部の三好です!

入社して半年、イベント事が本当に多いはやしに驚くばかりです

 

私は、小学校からずっと部活に入って運動をしていたのですが、

1年前に大学の部活を引退してからは運動不足の日々が続いていました。。

そんな中、入社してすぐに先輩にバスケ部に誘われ、先日初めて練習に参加させてもらいました

 

その結果、、、

体がボロボロのバキバキになってしまいました(笑)

なぜかというと林のバスケ部は、本当に「ストイックな部活!」という感じで、

超運動不足の人間にはなかなかハードなメニューをこなすからです。。

しかしその分、初心者でもしっかりと基礎から教えてくれるので、安心して参加できます!

現に今回参加した8名のうち、経験者は2人だけ!

 

そんなバスケ部の今回の練習風景がこちら!

今回は人数が少なかったため、まず軽くパス練習をして半面の3対3をしました。

が、すでにばてている小川君、、

画像1

パスの仕方から体の動かし方、ポジション取りまでしっかりと教えてくれます!

 

次は全面で5分ゲームです!

元気に走る走る
みんな元気に走っています!

 

 

玉川くん初ゴール
玉川さんが初ゴール!
みんな大盛り上がりです

 

シュート
佐藤さんも堂薗君も初心者とは思えない上手さで次々にゴールを決めていきます!

 

 

そんな中、私三好は足をつるという。。情けない。。

そして、ゲームが終わるとみんな疲れたようで、

スポーツドリンクを買いに自販機へダッシュ

今回は、人数は少ないながらも充実した練習ができました

集合写真1

次回は12/19(水)川西総合体育館

メンバー募集中!!!

公開日: 2018年11月22日 木曜日

社長室広報課の上見です

ついに皆様にご報告できるときが

 

実は、災害時のタオルの優先供給や、備蓄品の寄付などで、林株式会社と災害協定を結んでいる

川西市様との取り組みで、弊社のオリジナル商品が、川西市のふるさと納税記念品に仲間入りし、

このたび、ふるさと寄付金パンフレットに掲載されました

川西市ふるさと納税記念品新聞

 

実は少し前に、中央商品センターのある川西市の近隣住民の方とお話しする機会があり、

「川西市と言えば、林株式会社!と誰でも知っているのに、なぜふるさと納税記念品出していないんですか?」

というありがたいお言葉を頂戴しました

すぐに川西市様に連絡を取り、記念品を作ることに

 

作るならば、是非オリジナル商品を

そして人気のある子育て応援商品を

ということで、川西市名産品と同じイチジクから抽出した天然色素を使用した染料を使って

染めたボタニカルダイの片面ガーゼ湯上げタオル(85x85cm)に

レモン色素染料を使用したフェイスタオル(34x80cm)

そして、ブルーベリー色素染料を使用したウオッシュタオル(34x35cm)をセットにした

川西市オリジナルタオルセットが完成しました

DSC_3040 (1)

天然由来の成分入り染料を使用しているので、色もやわらかく優しい

ギフト箱に入っているので、そのまま子育て世代のお家へのプレゼントにもぴったりです

中には、川西市のキャラクター:きんたくんと林株式会社のキャラクター:タオルくん・パイルちゃんが

手をつなぐレアなイラストも

 

川西市では、ふるさと納税を、市内の緑化やスポーツ振興、社会福祉、子育て育成など

様々な事業に活用されています。

是非、皆様も川西市へのふるさと納税にご協力いただき、記念品には

林株式会社オリジナルタオルセットをセレクトしてはいかがでしょうか

 

ふるさとチョイスサイトはこちらから♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日: 2018年11月20日 火曜日

センター物流部の小谷本です!

11/2(金)は、プレミアムフライデー+クリーン作戦という事で業務は15時に終了し
15時~17時の約2時間クリーン作戦を行いました

今回、私は事前準備から手伝わせて頂きました。
当日、実施するべきところの写真を撮り、チーム分け、リーダー・サブリーダー決め、
事前に注意事項等の説明会の実施と貴重な2時間で少しでもきれいに出来ないかと作戦が始まりました。
まさにクリーン作戦

当日は各グループ事に分かれ、草抜きがスタート!!
s_蜀咏悄1

今回は、金木犀の下、自転車置き場の裏や玄関前などと多くのグループを作らせて頂きました。
s_蜀咏悄2

s_蜀咏悄3

s_蜀咏悄4
夏の間に伸び切った草が大量にあったので、どのグループも大忙しでした。

少し休憩をはさみ…(↓みんなでお茶をゴクリ

s_蜀咏悄6

また作業開始です!!

s_蜀咏悄7

クリーン作戦が終わってみると…

s_蜀咏悄8
草が入ったダンボールがいつの間にか山積みに!!!ビックリしました!!

 

今回初めて準備を手伝わせて頂きました。
何処の場所も草がたくさん生えていて大変だったと思いますが、
社員全員で協力したら偉大な力になることを知りました

こんなにきれいに

s_蜀咏悄9

s_蜀咏悄10

s_蜀咏悄11

s_蜀咏悄12
今度は2月に実施します

今回よりも寒くなっていて体も動かしづらくなっていると思いますが、
頑張りたいです

公開日: 2018年11月15日 木曜日

東京店営業部4年目の関口です。

もう早いもので11月になり年末までラストスパート・・・!ですが、今年はいつも以上に災害が多かったですね。

関東に住んでいる私は被害というものはなかったですが、

林の他事業部の方を含め関西にお住まいの方や北海道にお住まいの方などは大変だったかと思います。

そこで今回は私の大学生の時の話ですが、東日本大震災について経験したお話をしたいと思います。

 

私は2011年に高校の卒業式の練習をしている最中に東日本大震災の被災をしました。

計画停電や大学の入学式の中止などがあり、私の生活にも少なからずの影響がありましたが、

埼玉に住んでいる私ですらこんなに影響があるのに現地の方はどんな思いをしているのだろう・・・?

と考え、翌年バスツアーでボランティアに参加したり、

大学3年生と4年生ではゼミの活動と卒業論文でインタビューをさせて頂きました。

写真① 写真② 写真③
※写真は2013年のものです。

 

現地の方は前を向いている方、まだ震災のことを考えてしまう方、

故郷を更に大事に感じたという方、震災をきっかけに故郷に戻ってきたという方、様々でした。

 

その中で被災地のみなさんよくおっしゃっていたのは

「忘れないでほしい」

ということです。

 

”忘れない”ということは簡単なようで難しいように思います。

ただ考えは難しくせず思いだしたときにでも被災された土地へ旅行に行ったり、

被災地の特産物を食べたりしたり、インターネットで調べてみたり・・・

と、自分で出来そうだなと思うことをして頂ければよいのではないかなと思います。

今回私のブログをきっかけに思い出して頂ける方が一人でもいらっしゃれば、大変嬉しく思います。

公開日: 2018年11月14日 水曜日

DSC_3003

今回のバースデーインタビューは三田商品センター物流部の奥井 拓海

今年やっと19歳になったばかりのフレッシュな社会人1年生

いつもニコニコ元気いっぱい仕事に励む三田商品センター最年少社員の元気の秘密にせまりました

 

農業を営む家庭に生まれ、小さいころから田んぼや野原でのびのびと遊び育ったという奥井さん

カエルを捕まえたり、蛇を振り回して遊んだり()ワイルドな幼少時代を送ったそうです

そんな田んぼの風景の中にいつもあったのは、

おじいちゃんやお父さんがトラクターに乗ってかっこよく働く姿・・・・

自分もいつかはあんなふうになって家業を継ぎたいと思っていたそうです

そんな気持ちを胸に、高校は農業を専門に学ぶことができる学校へ進学

三年間は、農業一筋の生活を送ります

年二回ある農業祭に向けて、夏はスイカやトマト。

冬はセロリなどたくさんの野菜や果物の栽培をしてきました

農業祭では、一般のお客様に野菜を直接販売するので、校内の案内や接客など、

お客様に喜んでいただけたときはすごく充実感を感じることができたそうです。

(でもお野菜は苦手らしい・・・農業科あるあるなのか・・・・

 

三年間、家業を継ぐため農業の勉強をしてきたものの、勉強をすればするほど見えてくる農業の厳しい現実。

今後の自分の将来を考え、奥井さんは就職活動を開始することを決意します

学校の先生の勧めもあり、高校三年生の夏に見学に来たのが林株式会社でした

会社ってどんなところなんだろう・・・あまりにも未知数の環境に、最初は緊張しましたが、

さすが訪問したのは、“笑顔とタオルでいっぱいの会社

玄関のドアを開けた瞬間、そして廊下ですれ違う人、自分たちの見学に対応してくれた

担当者のみなさんが、笑顔で挨拶をしてくれたそうで、

奥井さんは感激し、自分もここで働いてみたいと入社を決めました

 

配属は、自宅からも勤務しやすい三田商品センター

同期が他のセンターに配属される中、先輩とうまくやっていけるのかすごく不安だったそうですが、

そんな不安を吹き飛ばすほど先輩たちは優しく接してくれました。

勤務初日の休憩時間も、きっと一人なんだろうな・・・と思っていたら、

時間には先輩たちが待っていてくれて、一緒に休憩しよう!と誘ってくださったそう

三田は若手男性社員の層が厚く、本当に結束力が強いので、新入社員にはめぐまれた環境なんですね

現在は、大手ディスカウントストアの出荷業務を先輩とペアになって行う日々。

毎日たくさん頂く発注商品をピッキングしていると、

“あ!これがすごく売れてるな! う~ん・・・これはあまり人気がないんだな”と

商品の売れ筋がわかるようになってきたそう

憧れの石黒係長に一歩でも二歩でも近づくには、その自分の感じたことを

なにか出荷業務の効率化にいかせないか?考えて提案してみることも大事かもしれないですね

 

ここで奥井さんに、新入社員恒例の質問:始めてのお給料で何をかいましたか?を伺いました

家族思いで優しい奥井さん、初めてのお給料ではお父さんとお母さんへ、

猫のダヤン(お母さんが大好き)のペアコーヒーカップをプレゼントし、

ファミリーレストランへ食事に行ったそうです

ご両親から“ありがとう”と言われてすごくうれしかったという奥井さんですが、

きっとご両親は、その何倍も何倍も感激されたことと思います。(素敵なご家族です

そんな仲良しの奥井家の伝説は、焼肉一回で十数万円お支払という驚きの食欲

皆さんも、もうご存知かもしれませんが、

毎日のお昼ご飯でも三田の社員を驚かせるほどごはんを召し上がるそう!

そう・・・・・、奥井さんの元気の秘訣は、

 

米粒

 

その証拠写真がこちら

IMG_0965
なんと!よそいかたも慣れたもの

IMG_0966
こんな風に、お弁当の蓋の上にセッティング
これで、食べ進めるうちに崩れるごはんを受け止めます(考え抜かれたテク)

IMG_0970
幸せそう・・・・

物流センターは体を動かす仕事!しっかり食べてこれからも毎日頑張ってくださいね

 

 

お休みの日も、台風で被害を受けた実家周辺の整備や農業のお手伝いをする働き者

就職してから自分で購入したマイカーでどこかに行ってみたいとは思うのですが、

なかなか時間もなく、日々はお母さんのお買いものに付き合っている程度。

それでも駐車がすごく苦手でどうしても歪んでしまうそう(バックモニターあるそうなんですが・・・)

車に詳しい中島先輩も三田にいることなので、もっと練習して、

いろんなところにいけるようになるといいですね

 

高校を卒業して、社会にいきなり飛び込む

きっと人間関係や環境の変化に戸惑う方も多く大変だと思うのですが、

奥井さんはそんなことを微塵も感じさせないほど、

のびのびと、笑顔で、楽しそうに仕事をしておられました

きっとそんな風に見えるのは、ご本人の楽しく毎日を過ごそう!という気持ちもあると思いますが、

周りの先輩方良い手本を間近でみせてくださっているからだと思います。

これからもそんな先輩方への感謝を忘れず、その仲間に自分も入っていけるように、

どんどんご飯を食べて、上を目指して頑張ってください応援しています

 

お誕生日おめでとうございます

公開日: 2018年11月13日 火曜日

まいど!谷口です!
すっかりジャスサーになって落ち着いています笑
らしくない笑

ということで、
大好きな旅行とかお出かけを今年の前半は全然行けなかったので
少し前に大分旅行に行ってきました

 

①  ②

むちゃくちゃ美味しいとり天をほおばり、そのまま地獄めぐりへ・・・
すごい!むちゃくちゃ赤!とかむちゃくちゃ青!とか写真では
写らない光景・・・おすすめです

 

あとは私の旅行の醍醐味!温泉街と旅館での部屋食

 

お風呂入って浴衣でぶらぶら街を散策して、
買い食い買い飲みするのがまず最&高

 

次いで、お部屋での懐石料理が最&高
お部屋でってのが大切!そして料理をまだでてくるのーーーーー!って
言うのがこのうえない幸せw

③

 

ありきたりな言葉ですが、
忙しいときほど心をなくさないことが本当に大切。
ピリピリして雰囲気が悪くならないように
たまには自らの好きなこと楽しいこと非日常を感じて
リフレッシュしてメリハリつけましょう~

このページのトップへ