バースデー

2019年5月

公開日: 2019年5月28日 火曜日

松矢係長

今回のバースデーインタビューは、入社26年目。中央商品センター物流部の松矢 勲

社内でも有数の大手量販店様の物流担当を長年担当し、

どんな急な大口発注にもポーカーフェイスでさらっと答えてしまうあたりは、さすがベテランの貫録

今回は、物流業務をうまくこなす秘訣から老後の目標まで

いろんなお話を聞かせていただきました

 

松矢係長といえば、アウトドア・キャンプと、とにかくアクティブなイメージをみなさんお持ちだと思いますが、

やはり小さいころから近くの川や田んぼに出かけて、虫や魚を取るのが大好きなワンパク少年だったそう

当時は映画“酔拳”や“プロジェクトA”に夢中になり、

とにかくジャッキー・チェーンのようになることをめざし体操部に入部。

ばく転や鉄棒での大車輪をひょいひょいとこなしていたそうです!(すごい!今は無理

その後はビジネス関連専門学校に進学

二年間ビジネスに関する様々な授業を受け、就職活動を迎えます。

当時は何も現実がわかっていなかった・・・とご本人は振り返りますが、とにかく最初は有名大手企業を受験。

面接もしてもらえないなどという現実に突き当たり、視野を広げて、

様々な会社にトライする間に林株式会社に出会いました

 

入社してから、中央商品センター物流部一筋の松矢係長

26年という長い間で培った一番の得意項目は、“出荷業務のスピード”。

パート・派遣社員の方が業務を終えるのは17:00。

その時間に出荷業務が終了すればよいと考えるのは普通ですが、

松矢係長の場合は終了目標を常に、16:00に設定

常に早め早めのスケジューリングをくみ、物流部の最重要項目である効率化をとことん目指します。

どの現場よりはやいこのスケジュールで業務をこなすとなると、無駄な時間を過ごすことは1ミリも許されません。

自分自身が仕事中は、常に背中でその緊張感を語り(直接言うのは苦手とのこと・・・)、

一緒に働くまわりのメンバーにその緊張感を伝染させていくことで、

現場が最も効率の良い状態で動き続ける環境を実現されています。

つまりこの余裕のあるスケジュールが、いざという時の営業サイドからのイレギュラーや

急な発注にもあせりなく取り組むことができる秘訣なのです

 

そんな松矢係長が目指す物流部は “攻めの物流”。

「営業部の作る売上だけが会社の利益でない。効率化やコスト削減で出てくる利益も会社の利益。」

という林社長の言葉を聞いてからさらにこれを意識するようになったそうです。

自分たち物流部は、ただ、営業が取ってきた受注に対してその通り商品を出荷することだけが仕事ではない。

もっとこちらが主導権を持って、“こんなやり方はどうだ?”と逆提案できるチームになりたいとのことでした。

ぜひ松矢係長を中心にそのような新しい物流部の形を築いていただき、

全員が主体的に動き、やりがいを持ちながら楽しく働ける環境が作られていくといいですね

 

松矢係長自身が林(株)の社員でよかったと感じる理由は、

「とにかく毎日楽しく働けていること

病気をして、もう現役復帰は難しいかもしれないという気持ちになった時もありましたが、

社員みんなが自分を支え、休み中の仕事をカバーしてくれました。

そしていま、また同じ場所で同じ仕事が楽しくできていることにすごく喜びを感じておられます。

これは常にチームプレイを行う、林㈱だからこそ、実現できたかもしれないですね

 

好きな言葉はありますか?という質問に、「一生青春」と即答された松矢係長。

これはあの有名なあいだみつをさんの言葉で、「一生勉強、一生青春」という言葉があるそうなのですが、

その後半部分だけを拝借したもの(笑)

年をとってもときめきを忘れたくない!という松矢係長は、その言葉通り、

今も虫や魚を取るワンパクな松矢少年の心を忘れていません!(笑)

年一回は、松矢キャンプと呼ばれる恒例のキャンプを開催

林の若手はもれなくお誘いを受ける恒例のイベント!

数年前には新入社員としてつれていっていたメンバーが家族をもち、

子供をつれてキャンプにつれてくれるのもうれしいとか

ご自身もお子さんが小さいころはみんなでキャンプに出かけていましが、子供たちもだんだん大きくなり、

今はなかなか家族キャンプが難しいそう・・・

そんな少しさびしい松矢パパが最近一番熱心なのが釣り

一人でも行けるので、気軽

なんと土日の食事の準備は奥様に変わり担当されているということもあり、

最近は釣ってきた魚をさばく練習を繰り返しているそうです

いつかは船舶免許取得し、老後の趣味は、自分の船の上からの海釣りとのこと

まさに、「一生青春」という言葉がふさわしい夢ですね

 

仕事は、ベテランらしくポーカーフェイスでどんな難問もやり切り、休日は、青春を忘れないワンパク少年。

そんな二面性が松矢係長の最大の魅力であり、周りの人を惹きつける部分なのだと思います

これからは、松矢係長のその背中で、物流部の若手社員に大事なことをしっかり教え、伝えて頂き、

松矢係長のように、魅力ある若手社員をどんどん輩出してくださることを期待しています

 

お誕生日おめでとうございます

 

公開日: 2019年5月16日 木曜日

門林さん

今回のバースデーインタビューは、本社経理課の門林 智美

いつもニコニコ笑顔が素敵な印象ですが、実はこの5月に主任に昇進し、ますます輝きは増すばかり

主任昇進に対する今の思いとハイボールだらけのプライベートにも迫りました

 

とにかく学生時代は、部活動に一生懸命取り組んでいたという門林主任。

中学では硬式テニス部であまりにも頑張りすぎたため、ハードな練習にうんざり・・・

高校では吹奏楽部にシフトチェンジし、バリトンサックスという

かなり大きな楽器を吹きこなしていたそうです!(かっこいい!!)

大学ではゼミの活動に積極的に参加し、素敵な仲間にも恵まれました

そんな仲間たちがどんどん就職活動をすすめ、内定をもらう中、

なかなか就職活動に対して積極的になれなかったという門林主任

両親が自営業ということもあり、

“別に会社に入らなくても働くことはできる!”という思いが強くあったそうです。

そんな気持ちを持ちつつも、自分にはきっと事務の仕事が向いているのかなぁと感じ始め、

まわりに遅れながらも事務職の募集をしている会社に絞り込み、

就職活動を進める中で出会ったのが、林株式会社でした

 

入社してからは、中央商品センター物流事務に配属。

とにかく会社に来た瞬間、社員の温かい雰囲気と仲の良さに魅力を感じたそうです

1年半の物流事務での経験の後、本社の経理課に抜擢され、現在に至ります

 

経理の仕事を行う上で、一番気を付けていることは、

数字をただの数字ではなく、常に大切なお金を扱っているという意識を以て扱う事

毎日たくさんの数字とにらめっこする経理課では、

例えば3,000,000という数字も、意識を緩めると、ただの3と0の数字の羅列に見えてきてしまうそう。

これを常に意識をもって、ただの数字ではなく、300万円というお金を扱っていると認識することで

緊張感を持ち続けることができ、ミスの減少につながるそう。

(たしかに300万円は、日常生活でみれば大きな数字ですよね)

 

このように、きちんと着実に仕事をこなす門林さんの仕事ぶりは社内でもすでに評判

経理の事だから門林さんにきいてみよう!といろんな部署のメンバーから頼りにされています。

ご本人も、今回の主任昇進で経理課の新たな目標をみつけたそう。

それは “ペーパレス化”。

まだまだ紙ベースでのやり取りが非常に多い部署の一つ。

もちろん紙で残さなければいけない大事なものもありますが、まだまだ改善の余地がありそう。と門林主任。

ご自身があまり紙の整理整頓が得意でない!?(笑)ことも功を奏してか、

少しでも紙を減らして必要な情報を必要なタイミングで出せる

整理整頓のできた経理課を目指したい!とおっしゃっていました

 

このように目標をもって仕事に取り組んでいる門林主任ですが、

やはり経理として一番うれしい瞬間は、なかなか計算の合わなかった案件で、

試行錯誤していろんな確認事項をしたうえで、差額が0になった時

良かった~という安堵感と難しい案件であればあるほど、充実感が大きいそう

そしてそんな日こそおいしいのが、大好きなハイボール

とにかく無類のお酒好きで、その中でもいまはハイボールがマイブーム

先日の10連休も調整のための最終日(笑)を除くと、

ほぼ毎日飲みいっていたというから、びっくりです!

歳を1つ重ねたこともあり、今のプライベートの目標は、

一人でバーに行ってお酒を楽しめるようになること!(飲み過ぎに注意してね

仕事もプライベートも充実しているからこそ毎日その素敵な笑顔でいられるんですね

 

同じ部署で働く後輩に聞いてみると、とにかくお姉ちゃんのような存在 という答えが出てくるほど、

後輩からのいろんな相談を受け入れる広い懐の持ち主

でもただ優しく慰めるだけでなく、悪いことは悪いとしっかり叱ってくれる強さも持ち合わせているそう。

後輩にとってはすでに頼れる主任になっているようです

“まだまだ主任という役職に戸惑っている・・・”とご本人はおっしゃっていましたが、

今まで通り、後輩の話を受け入れながら、先輩社員とのパイプ役になり、

みんなが楽しく働ける環境づくりができれば、またさらに次のステップが待っていると思います

 

これからも、門林主任の力で、本社をより明るく笑顔いっぱいの職場にしてくださることを期待しています

 

お誕生日おめでとうございます

 

公開日: 2019年5月16日 木曜日

センター物流部新人の月岡です

今回はじめてブログを書かせていただきます

 

今年川西商品センターに配属となった新人7人で毎年行われているコットンの種まきをしました
種まきの前にはまず準備!ということで去年先輩方が育てた綿の中から種を取る作業を行いました。
手作業で行うものなのでみんな真剣に種を取っていました。

写真1  写真2

また綿繰り機を用意していただいたので挑戦!初めて見た機械だったのでみんな興味津々
…….しかし上手くいかないと苦戦してました。

写真3
そして、種を水につけ植えるまで浸しておきます。

写真4

 

もう一つ準備しないといけないこと
それはコットンが育つためのいい環境を作ってあげるため、
草抜きと土の入れ替えを行いましたなかなかの力仕事でしたが皆で楽しく作業をすることが出来ました

写真5  写真6写真7

5/10コットンの日種まきの日です
天気もとても良く種まきをするには絶好の天気日和
水を浸しておいた種をみんなに配布し植付けていきます。

写真8

戸惑うことなくスムーズに作業が進んでいきました
なので余った時間でもう一度周りの草抜きをしました。

写真9

最後は全員で集合写真

写真10
今は当番を決めて水やり・観察を行っていきます。

まだまだ慣れないことも多く不安もありますが新入社員7人が
自分なりに頑張っていきますのでご指導のほどよろしくお願いします

公開日: 2019年5月10日 金曜日

バスケ大好き佐藤です

かなり遅れてしまったのですが、4月も2時間みっちりバスケの練習をしてきたので
その様子を紹介させていただきます。

今回は10人でバスケを行いました
「バスケ部を作ろう」と言い始めた時は5人しかおらず試合すらできない状態
だったのが今では21人にかなり増えました
そして今回。。。また2人新入部員が増えました
一人はパワフルな動きをする古田さん!もう一人はスタミナ無限の佐野さん!

特訓の様子です。。
画像1

ついでに僕も特訓中です
画像2

桜の季節も終わり夏が近づいてきてますが夏にも負けないぐらいの熱で楽しく
やっていこうと思います。興味のある方はぜひ参加お願いします
画像3

緊急ニュース
次回、5月15日(水)川西総合体育館にて3月に戦った相手と再戦
乞うご期待

このページのトップへ