商品紹介

防災

公開日: 2018年7月19日 木曜日

昨今、西日本エリアでは、地震に次ぐ大雨被害と、災害が立て続けに発生しています。

このたびの地震・大雨で犠牲になった皆様方のご冥福をお祈りするとともに、

被災地の一日でも早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

このような災害が続くと、会社やご家庭でも、防災グッズを見直しているという方も

多いのではないでしょうか?

今回は、そんなときに最適なタオル『防災の心得』をご紹介したいと思います

      DSC_2450

見ていただいてわかるように、こちらのタオルには、非常用として

準備しておくものがわかりやすくイラストでプリントされています

これだと誰でも何を準備すればいいのか一目瞭然ですね

小さなお子さんのいらっしゃる方や、持病をお持ちの方などへの配慮もばっちり

いざ、緊急事態となると、警察や救急・消防の番号がわからなくなる!というのは

良く聞く話ですが、このタオルを見れば落ち着いて、ダイヤルすることができます。

 

このタオル 実は、安心の日本製で、表面がガーゼで、裏面がタオル地でできているので、

薄手で軽く、お洗濯も楽ちん、そして乾くのが早い

さらに、サイズは通常のフェイスタオルより長い90cmと、首に巻きやすい長さに

なっているので、いろんなシーンで使用していただけると思います

 

是非、会社で、学校で、ご自宅

このタオルを始まりとして、各自の防災対策を見直してはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

公開日: 2017年2月6日 月曜日

広報の上見です

2月4日(土)は、林株式会社中央商品センター恒例の猪名川クリーン作戦でした。

中央商品センターの横を流れる猪名川流域を地域のボランティアの方と一緒に清掃する大イベントですが、

林株式会社も数年前より、会社として、全社員で参加しています

 

その様子は物流部ブログで紹介させていただきますが・・・・

今年は、クリーン作戦に加えて、2月4日を「防災を考える日」としました。

林株式会社の社員には、すでに各自1つ非常用持ち出し袋が配布されており、各事業所には、

社員が被災した場合に備えて、様々な防災備蓄品が準備されています。

 

備蓄品があってもいざというときに使い方がわからなければ意味がない!ということで、

今回は、その中から、湯沸しBOXでお湯を沸かし、防災食のラーメンの試食を行いました

 

クリーン作戦後、前半後半に分かれて、約50名ずつ合計約100名が参加

松尾先生の指導を聞きながらみんなで、まずは、お湯を沸かします。

DSC_4455

箱の中に、発熱剤と、パックにいれたお水を入れていきます

DSC_4453

みんなで協力しながら作業を進めます

DSC_4451

お湯が沸いたらラーメンに入れます

DSC_4464

4分ほど待てば、出来上がり~

DSC_4487

みんなおいしそうに食べてくださいましたさすが防災食!フォークつきです

DSC_4488

DSC_4469

これでいざというときにも、みんなで協力できますね

試食会の後は、皆さんに、保存食のごはん一つずつと、防災の心得タオルが配布されました。

ご飯は、各自家に持って帰って、家族との防災の会話のきっかけになるように という

意味が込められています

防災の心得タオルは、弊社の商品です。

災害ダイヤルや、準備しておくべき防災グッズが、片面ガーゼのタオルに印字されています。

     防災

今回は、各自の非常用袋にこちらのタオルも追加するように、会社から支給していただきました

DSC_4474

クリーン作戦後のおなかも満たせて、防災備蓄品のお勉強もできて、最後にはお土産付

と皆さん大喜びの一日でした

 

今後も、社員の皆さんに防災に対する意識を少しでも持っていただけるような

企画を考えていきたいと思います

(松尾主任・辰巳主任 準備等ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ