商品紹介

2017年3月

公開日: 2017年3月30日 木曜日

 

広報の室井です 🙂 

今回ご紹介したい商品は、”EVER MORE オーガニックカラー”。

当社のオリジナルブランドである、”EVER MORE エバモア” の看板商品です。

 

EMO3

 

その名の通り、直接肌に触れるパイル部分に、オーガニックコットン*1を100%使用した商品です。

2016年1月で、第三弾を迎えたオーガニックカラーは、

2009年に誕生し、約150万枚も生産してきた実績の持ち主です。(2016年3月30日現在)

 

こだわりは、通常のタオルに使われる糸より、少し細い30番手という糸を使っていること。

そして、繊維の流れを一方向に整えて、短い繊維を取り除く「コーミング(くし通し)」をしていること。

女性の髪と同じで、くしを通した糸は、同じ方向に流れてつややかになります

 

また、パイルの長さを通常の約2倍にすることで、ふんわりとした仕上がりになりました。

パイル1本1本のすき間に、たくさんの空気が含まれて、

お洗濯後は、さらにふんわりボリューミーに変化するのが特長です

EMOC compared

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこだわりのタオルを、どの国でつくろうか。

その答えが、世界有数の綿花産地であるインドでした。

 

その生産工程において、安心・安全を検証している国際的認証機関エコテックス*2

オーガニックの基準を定めたGOTS(Grobal Organic Textile Standard ゴッツ)*3の認証を受けた

工場で生産された商品を、今日もお客様へお届けしています。

 

ふわっと、包み込まれるような肌触りを、あなたにぜひ使ってみてほしい。

当社が自信を持っておすすめするオーガニックタオルです。

 

オーガニックコットン*1 : 殺虫剤、除草剤、枯葉剤などの農薬を3年以上使用していない畑で、

家畜のフンや綿の葉などを培養した肥料を使い、栽培された綿花のこと。 地球と農家の方へのやさしい思いがつまった糸です。

 

エコテックス*2 : ヨーロッパで誕生した繊維製品対する国際的な安全基準のこと。 

専門知識を持った検査員たちが、製品に含まれる様々な有害物質を150以上こまかく検査を行い、安全性を確かめてくれるものです。 

原材料だけではなく、染料やネームなどの付属品にも有害な物質が含まれていないか、検査します。認証は、毎年更新しないと有効とはみなされません。 

OEKOTEX LABLE

 

 

 

 

 

GOTS*3 : Global Organic Textile Standard グローバルオーガニックテキスタイルスタンダードの略。

オーガニック繊維製品が、ただしく”オーガニック農法”で作られたことをチェックする国際的認証機関です。認証は、毎年更新しないと有効とはみなされません。  

 

GOTS

公開日: 2017年3月27日 月曜日

          無題

 

開催期間:2017年4月10日(月)~14日(金)

     午前9時~午後6時

開催場所:大阪本社 ・ 東京店営業所

    (各開催場所へのアクセスはこちらから。ページ下部【事業所案内】にMAPございます。)

※ご入場には、案内状が必要です。お持ちでない方は営業担当者までお問い合わせくださいませ。

※新規のお客様で、展示会への来場をご希望の方は、お手数ですが、こちらより お問い合わせくださいませ。

 

公開日: 2017年3月25日 土曜日

広報の上見です。

今回ご紹介する商品は、林株式会社の看板商品 “昔ながらの白タオル” です。

 

mukashi-nagara

林株式会社の

ロングセラー部門           1

売上数量部門             1

お客様ダイヤルお問い合わせ部門     1

 

タオル自体は言ってしまえば、ただの白タオル。

(もちろん日本人が使って、一番しっくりくる厚さ、重さ、肌触りを追及しています!)

なぜこの商品が、林株式会社の看板商品に昇りつめたのでしょうか?

 

その秘密は、このパッケージにあります。

昔ながらの白タオルパッケージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外製品への不安を抱くお客様も多い昨今、“日本製”と “昔ながらの” という赤文字が

まずお客様の目に飛び込みます。

そして、日本人が昔から大切にしてきた MOTTAINAI(もったいない) 精神がそのあとに続きます。

 

昔から、日本人のあらゆる生活シーンで、使われてきた、薄くて、軽くて、絞りやすい白いタオル。

なんでも使い捨てで、便利になった世の中に疑問を感じていた高齢者の方からは、

“このパッケージは、自分が心の中で大切にしてきた精神を代弁してくれているように思う” と 

お電話を頂戴したこともあります。

 

“そして最後に雑巾になれれば、本望です。”

これは、タオルを心から愛し、少しでも良いものを作り続けたいという、

創業以来 タオル一筋 の林株式会社の思いです。

自分たちが大切に作った商品を、お客様にも最後の最後まで大切に使っていただける。

そんな商品を、もっともっと提供できるように、これからも一つ一つの商品を大切に作り続けたいと思います。

 

 

 

公開日: 2017年3月24日 金曜日

中島主任お誕生日写真

今回のバースデーインタビューは、東京店営業部の中島聡美

いつも元気で明るい若手社員というイメージでしたが、いつの間にか来月には、

入社8年目に突入

“毎日仕事が本当に楽しいんです!” という彼女を支えるものは何なのか?

今回は皆さんに仕事を楽しむヒントを感じて頂ければと思います

 

小さいころから、絵を描いたり、何かを作ることが大好きだった中島主任。

紙とペンさえあれば、何時間でもおとなしくしていられるような子だったそう。

高校生になる頃には、服飾への関心も高まり、繊維製品にも興味を持ち始めました。

高校卒業後、一度は、法律を勉強するために大学に入学しますが、やはり、

ものづくりへの思いが捨てきれず、家政科で服飾や繊維のことが学べる大学に再入学します

少し回り道をして、二度も大学に入学することになった自分を、責めるのではなく、

やりたい!と言ったことを理解し、全面的にバックアップしてくれた両親に、本当に感謝しているそうです

そんな両親への思いもあり、大学4年間でいろんなことをしっかり学ぼう!と決意した中島主任は、

大学主催だけでなく、自分でファッションショーを主催して、衣装を製作したり、

一般のデザインコンペに応募したり。さらには、服飾だけではなく、絵をかいたり、

立体の造形物を製作したりと、様々な「ものづくり」に打ち込みました

 

就職活動も、学んだことが生かせる繊維業界を希望。

その中で、林株式会社の会社説明会に参加します。

説明を聞いた後、案内された展示場を見て、感動

今まで繊維のことを学んできましたが、タオルについては考えたこともなく、

様々な糸使いや織り方の工夫で、こんなにたくさんの種類のタオルが作られていることに、

タオルの奥深さを実感したそうです

 

そんなタオルの可能性に希望を抱きながら入社した後、

運命のめぐりあわせがあります。それが、皆さんご存知の “絵本”

今では林株式会社の定番キャラクターになった“はらぺこあおむし”など、

絵本関連のライセンシー様とのお取引が始まり、中島主任がその営業担当に抜擢。

小学校で図書室司書として勤務されていたお母様の影響で、小さいころから、絵本に慣れ親しんできた中島主任。

お母様は、読みなさいという押しつけではなく、悩んだり落ち込んだりしているときには、

そっと気持ちに寄り添う素敵な絵本をさりげなく家においてくれたそうです。

大人になった今でも、折に触れて、絵本を読むという中島主任

そんな大好きな絵本に関することが、自分の仕事になった。

これが、中島主任の仕事が楽しい!一番の理由。

好きなことが仕事になる。 

これ以上に恵まれた環境はないですよね

 

もちろん、仕事内容が好きなことであっても、仕事上、悩んだりすることも多々あります。

そんな時、社長はじめ上司の方々が本当に親身になって自分の相談に乗ってくださり、最後までしっかりサポートしてくれる。

上司が守ってくれているという安心感のおかげで、若手がのびのびと仕事ができる。

それが、林株式会社の本当にすごいところだと思うと中島主任は語ります。

又、個性的ですが協力的で熱心な後輩が多く、

本当に、“人” に恵まれた環境で働けることを幸せに感じているそうです。

 

最近は、東京店での中堅として、後輩と一緒に、会社を良くする若手の会にも参加。

後輩との交流を深める中で、自分が入社したばかりのころ、わからず悩んでいたことや会社に対する疑問を、

少しでも解消し、後輩には、楽しく仕事ができる環境を作ってあげたいと熱心に活動されています。

また、自己啓発にも本当に熱心

キャラクター関連に関する業務が多いので、知的財産に関する専門知識を、

講演会にいったり、本などを読んで勉強されているそうです(すごい!!)

 

休日は?というと本屋さんでの絵本探しに始まり、

映画や舞台・バレエの鑑賞を始め美術館めぐりとアートな日々を過ごしているそう

そんな趣味を楽しみながらも、ついつい考えてしまうのは仕事のこと。

いろんなインスピレーションを受ける中で、これまで、たくさんのことを仕事に生かすことができました。

本当にご自身の好きなことの延長線上に、今の仕事があるんですね

 

そんな絵本のプロ中島主任に、大人が読んでも楽しめるオススメ絵本を紹介して頂きました!

(前の三冊です後ろは、林株式会社がお世話になっている絵本キャラクターーたち

絵本 写真

まず1つ目は、「はっぴぃさん」作:荒井良二、偕成社

迷った時、悩んだ時。自分は自分のままでいいんだよ、と教えてくれる本です。

 

2つ目は、「ふたりはバレリーナ」作:バーバラ・マクリントック 訳:福本友美子、ほるぷ出版

夢を追うことの素晴らしさと、それは自分だけのものではない、という大切なことを思い出させてくれる絵本です。

 

3つ目は、「くまのコールテンくん」作:ドン・フリーマン 訳:まつおかきょうこ、偕成社

自分が小さいころ大好きだったぬいぐるみも、実はこう思っているのかな?なんて想像力をかきたててくれるかわいい絵本です。

とのこと

皆さんもぜひ、読んでみてくださいね

 

インタビュー中、お話を聞けば聞くほど、

仕事が楽しいということは、こんなにも人生を豊かにしてくれるんだなと感じ、うらやましく思いました

これからも、その楽しさを、たくさんの後輩に伝えて、

会社が楽しい!と思える人の輪をどんどん広げてくださることを期待しています

 

お誕生日本当におめでとうごさいました

公開日: 2017年3月23日 木曜日

こんにちは 商品部の谷口です

 

上見係長に引き続き、無趣味な私ですが、

最近気が付きました。趣味は ミーハーなこと

 

何でも行きたい。なんでもやりたい。ハマらないけど、やってみたい。

誘われたら行きたい。楽しそうなことしたい。話題になることしたい。

=ハッピーミーハーアラサーガール谷口の誕生です

ちょこっと紹介しましょう

 

☆スポーツ観戦
なんでもテンションあがりますね!ビールも美味しいですね!

写真①

写真③  写真②

今見に行きたいのは、バスケBリーグ!!!

これでも元バスケ部です♡笑

 

☆音楽フェス、ライブ
みんなでわいわい、ジャンプジャンプ、ミーハー心をくすぐりますね
写真④  写真⑤
もちろんビール有りです

ここではタオル買っちゃいます…。

 

 

☆酒蔵巡り、工場見学(アルコール製造工場に限る)
いや。。ただで頂けるお酒なんざ、良すぎます

もちろん買ったりもしますよ^^大量のお酒ちゃんたちが製造されています♡

写真⑥ 写真⑦

写真⑧

 

お酒記事になってきた・・・・・私、お酒なくても遊べます

 

☆マラソンとかスポーツ
汗かくのは気持ちいいですからね!

写真⑨ 写真⑪

写真⑩

 

☆モノ作り
陶芸とかグラス作りは三田の近くに出来るところがあるので、おすすめです

とっくりまだ使ってないですね…いつ使おう…

写真⑫ 写真⑬

 

☆ゴルフ、始めます。
これはパターゴルフ場にあった、マレットゴルフというものです
姿勢悪い…笑

写真⑭

これだけ写真並べると我ながらリア充感がすごいですね。

いつでもお誘い待ってますよ。

 

 おまけ
モノマネメイクをしました。似てません。

これ誰か分かりますか?

ヒントは「探さない。待つの。」
写真⑮

だいぶプライベートさらしました。引かないで下さいね

平日はちゃんとお仕事まじめに取り組んでいますよ。笑

公開日: 2017年3月21日 火曜日

こんにちは!第二営業部デザイン室の加賀田です。

 

先日のホワイトデーに、商品部とデザイン室の女性陣で恒例のタオル交換会をしました ^^

バレンタインのお菓子交換につづいて、ホワイトデーは毎年タオルを交換しています!

こちら、最早おなじみのあみだくじ↓

写真01

あみだくじを引いた後は皆それぞれ貰ったタオルを開封して、

ずらっと並べて見てみるところまでが恒例行事☆

写真02

「このタオルが好き!」「この仕様がかわいい!」などなど、皆ついつい目が真剣になります

20人弱で交換しているのでそれぞれの個性が出ていてなかなか面白いです

 

催事等があり選びやすいバレンタインに比べてプレゼント選びに苦労するのですが、

それぞれが買ってきたプチタオルを並べて見るのが面白いので毎年楽しみな行事です ^o^

公開日: 2017年3月21日 火曜日

こんにちは。中央センター物流部の為実です

 

3/11(土)に松浦課長主催のゴルフに参加させていただきました。

朝から天気も良く気温も今の時期にしてはまだある方でまさにゴルフ日和

始まる前からやる気満々で、ゴルフ場へ着くなり早々に着替えを済ませ

いざパタ練習場へ。

一番乗りかと思っいきや、さすが河上部長 …もうすでに練習を始められていました。

その後も着替え終わったメンバーがパター練習場へ集まり、本日の調子を各自確認

画像2

 

開始時間が迫ってきたので1ホール目(この日はINからスタート)へ移動

画像3

1組目の私達のチームから開始

本日初のショットは…

森田課長ナイスショット

画像4

中村課長ナイスショット

画像5

辰己主任ナイスショット…

画像6

私もナイスショット …と言いたかったんですがドトップ

ボールは地面を勢いよく転がって行きました

張り切っていたのにまさかの1ホール目で撃沈

その後、なんとか気持ちを切り替え3ホール目でまさかのニアピン賞

神様ありがとうー の気分で先程まで撃沈していた気持ちはどこへやら(苦笑)

がしかし、調子に乗ったのもつかの間、気分を一気に叩き落とす勢いで次のホールは大叩き…

 

やはり人間謙虚さが必要なんですね…。

同じチームで回っている森田課長も今日は絶不調な様子
画像7
思うようなプレイが出来ず打った瞬間「あ゛~」と言う声が漏れていました

辰己主任も今日はバンカー当たり日の様で、数ホールでバンカー地獄へ

画像8
なんだかんだで前半を終え、至福の休憩タイム
画像9

画像10
前半の気持ちを切り替えいざ後半へ。

ここでもさすがです!河上部長!!

プレイが再開される少しの待ち時間でパター練習!!!

後半、中村課長の調子が上がらず途中でうなだれてしてました(笑)

画像11

最後に今日のスコアー表です。
画像12
名前は名誉の為に伏せますね(笑)

2チーム総合トップはもちろん河上部長でした。

今日一日を振り返ると朝は天気が良かったものの、途中で氷が降ってきたり

寒かったり暑かったりでそこそこ変な気候でしたが楽しい一日でした

次回までに練習頑張ります

公開日: 2017年3月21日 火曜日

こんにちは(*^_^*)

本社 経理の篗田です♪♪

 

実は去年の10月頃からチワワを飼いはじめました!

ぴのくんといいます 母命名

 

私が名前を付けたかったのですが、

近いうちに結婚して家を出て行かないと行けなくなったら別れが余計寂しくなるから・・・

と泣く泣く命名権を譲りました

家族からは「いつの話やねん!」と総ツッコミを受けてしまいました

画像①
これは生後2ヶ月の頃です♪しろくまみたいでかわいいですねー(親バカ)

画像②
そして今はこんなに大きくなりました!(私のヘアゴムを奪って遊んでいるところ

ほんとかわいいですよねーーーー(親バカ)

情けない顔と少しおバカなところにいつも癒されています(^○^)

どうやら運動神経が悪い?らしく膝をうまく曲げられないようで抱っこしたらこんなことに…
画像③
おもちゃを噛むときは何故か必ず仰向けに・・・
 画像④

気づけば変な写真が多いです

実は1年前に15年一緒に暮らしていたわんこが亡くなり、悲しみにくれていた篗田家ですが、

彼のおかげで家の雰囲気がとーーーっても明るくなりました

もちろん先代の子のことを忘れたことは1日たりともありません!

 

またこうして縁あって命あるものを我が家に迎えられることに感謝し、

先代同様家族の一員として大切に育てていきたいと思います

もちろん、本社3Fの水槽の熱帯魚たちも

公開日: 2017年3月16日 木曜日

中央商品センター 物流部 岩藤です

今年もまたプロ野球のシーズンが始まりました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三田商品センターの片岡さんと侍ジャパンとオリックスの壮行試合を見に行きました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

WBC前回大会のリベンジがかかる大会の壮行試合だけに、スタンドは満員でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホームランや盗塁も有り、良い試合でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

試合は午後10時に終了したのですが、終了までほとんどのファンは試合を観戦していました

試合終了後にオリックスファンと侍ジャパンファンがお互いに激励し合う応援が印象的でした

前回のリベンジへ
がんばれ、がんばれ、ニッポン

公開日: 2017年3月15日 水曜日

こんにちは、中央商品センター商品部の池田です

昨年の12月に念願のパラグライダーを体験した池田です

次はバンジージャンプにチャレンジしたい とブログに書き、

“2017年にやりたいこと” にしていたのですが、

なんともう叶いました

岡山の鷲羽山ハイランドにて、バンジージャンプしてきました

①バンジー

この階段をてくてく登ります
②バンジー
・・・・・・サビ具合が何ともいえません。

 

地上から30m&海抜170m、てっぺんは瀬戸内海を望む好立地でした

カメラを持って上がれなかったので、あの景色を皆さんに見せられないのが残念です。

瀬戸大橋も見える良い眺め、ぜひ一度飛びに行ってみてください

 

初めてのバンジージャンプ、せっかくだから目を開けて飛び降りようと決めていました

飛び降りる瞬間はばっちり見えていたのですが、そこから先は本当に一瞬の出来事で

気がつけば一番下まで落ちて、命綱のバネで跳ね上がっていました。

③バンジー
これは跳ね上がっている写真です。

飛び降りた人にだけ与えられる勲章
④バンジー
次はスカイダイビングにチャレンジしたいです

 

後日談
身体がビックリしたのでしょうね。

もしかしたら危険を感じて、火事場の馬鹿力が出ていたのかもしれません。

次の日、体中が筋肉痛になりました

このページのトップへ